Rakuten infoseek

辞書

伝播【デンパ】

デジタル大辞泉

でん‐ぱ【伝×播】
[名](スル)
伝わり広まること。広く伝わること。「文化が東へ伝播する」
波動媒質の中を広がっていくこと。「伝播する」
[補説]「でんぱん」と読むのは誤り。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

でん‐ぱん【伝×播】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

でんぱ【伝播 diffusion】
文化人類学の用語。二つの文化が直接あるいは間接に接触した場合,一方の文化から他方の文化へ,文化要素の移行受容が行われる現象をさす。この味において播は人類に普遍的であり,また人類の歴史のすべての段階に存在し,これによって,最初局地的に知られているだけだった創造的努力成果が広まり,また再発明手間を省くことによって文化の発展を促進してきた。既存のある文化体系に新しい文化要素がつけ加わるのには,その文化体系内部での発明と,他文化からの伝播とがあるが,ともに同様な過程をたどる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

でんぱ【伝播】
スル
次々に伝わって広まること。 デマが国中に-する
波動が広がっていくこと。
二つの集団ないし文化が接触したとき、一方から他方へ文化要素が移ること。文化人類学の用語。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

でんぱん【伝播】
「でんぱ(伝播)」の誤読。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

でん‐ぱ【伝播】
〘名〙
① 伝わりひろまること。広く伝わること。また、広くまきちらすこと。でんぱん。
※江戸繁昌記(1832‐36)二「意はざりき、早く已に人間に伝播せんとは」 〔宋史‐賀鋳伝〕
② 物理学で、波動が媒質の中をひろがって行くことをいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

でん‐ぱん【伝播】
〘名〙 (「ぱん」は「播」の慣用音) =でんぱ(伝播)〔布令字弁(1868‐72)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伝播」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伝播の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.