Rakuten infoseek

辞書

伝播論【でんぱろん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伝播論
でんぱろん
diffusionism
民族学の進化論などに対する批判から発生した学説で,異なる文化間の類似や文化の歴史を文化の伝播としてとらえ,解釈する立場。文化伝播主義ともいう。文化要素の地理的分布手掛りに,文化史の再構成を目指して 19世紀末から 20世紀前半に盛んになった。2つの学派に大別される。 L.V.フロベニウス,F.グレーブナー,W.シュミットに代表されるドイツ,オーストリアの歴史民俗学者たちは,遠隔地に類似した文化要素があるのは,一つの中心に発生した文化が伝播したためであるという文化圏・文化層説に基づいて人類文化史の再構成を試みた。一方,イギリスの G.E.スミスや W.J.ペリーらは,古代文化はすべて古代エジプトで発生し,それが世界中に広まったという極端な伝播論を展開した。この説は現在では誤りとされ,伝播論は実証性に乏しいという批判も多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伝播論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伝播論の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.