Rakuten infoseek

辞書

伝宣【でんせん】

大辞林 第三版

でんせん【伝宣】
勅旨を伝達すること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

でん‐せん【伝宣】
〘名〙
① 勅旨を伝え宣(の)べること。天皇の意思を伝達すること。
※類聚符宣抄‐四・承和一四年(847)三月九日定皇太子服記「右右大弁安倍朝臣安仁伝宣」 〔周必大‐賜茶詩〕
② 主義主張などを人々に広く伝えること。宣伝。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉四「『プロテスタント』とは抗抵の意にして、羅馬教に抗抵する主意を以て、従来教会の罪状九十五ケ条を公布し、其説を〈略〉諸国に伝宣し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伝宣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伝宣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.