Rakuten infoseek

辞書

伝奇【でんき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伝奇
でんき
Chuan-qi
中国,唐代の文語小説の総称。「奇なるものをえる」ので,もっぱら鬼神怪異の世界を描き,説話集の圏内にとどまる六朝時代の「志怪」に対して,より複雑な構成をもち,人生や社会の諸相に目を向け,自由に作者の空想力を働かせ,虚構文学の性格を強めている。代表作は沈既済 (しんきさい) の『枕中記』『任氏伝』,李公佐の『南柯太守伝』『謝小娥伝』,白行簡の『李娃 (あ) 伝』,陳鴻の『長恨歌伝』,元じんの『鶯鶯 (おうおう) 伝』など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伝奇
でんき
Chuan-qi
中国,古典演劇の1つ。南方系の歌曲を基礎とする長編戯曲の明,清代の呼び名。 (→南曲 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

でん‐き【伝奇】
現実には起こりそうにない、不思議な話。また、そのような話を題材とした、幻想的で怪奇な物語や小説。
中国で、唐代に起こった、人生の諸相を描いた文語体短編小説。「枕中記」「鶯鶯伝」など。また、それによった明・清代の戯曲南戯(なんぎ)の称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

でんき【伝奇 chuán qí】
中国で,次の三つの意味に用いられる。
[唐末の小説集]
 裴鉶(はいけい)の著《伝奇》。もと3巻であったが散逸し,《太平広記》に24編の物語が収録されている。おもな作品は〈崔煒(さいい)〉〈崑崙奴(こんろんど)〉〈聶隠娘(じよういんじよう)〉〈孫恪(そんかく)〉などで,怪奇浪漫的傾向が強く,後世の戯曲小説の好材料となっている。
[伝奇小説の略称
 唐代小説の中でも恋愛豪俠を題材とするやや長編の作品をいう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

でんき【伝奇】
怪奇で幻想的な物語。
中国の小説の一体。一般的には唐・宋代の文語で書かれた、奇異な題材を特徴とする短編小説をさす。李公佐「南柯なんか太守伝」、陳鴻ちんこう「長恨歌伝」、白行簡「李娃伝りあでん」など。日本にも早くから伝えられ、平安時代の物語に大きな影響を与えた。伝奇小説。
伝奇に材を得ていることから 宋・元代の戯曲、元代の雑劇。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

伝奇
でんき
文芸用語としての伝奇は、中国唐代の小説の呼称として用いられたのがその初めである。
 唐代の小説も、その前半期のものには、志怪(しかい)とよばれる六朝(りくちょう)小説の筋書きに多少手を加えたようなものが多かったが、安禄山(あんろくざん)の乱を経て中唐の時期に至ると、急速に成長して、六朝志怪と異なる唐独自の小説のタイプを形成した。
 伝奇ということばは、普通、唐代小説の総称として用いられるが、その中心は、中唐期の士人の創作である。その作法も初めのうちこそ六朝志怪の筋や枠組みを借りながら、独自の創意工夫によってモチーフを表出してゆくものが多かったが、しだいに六朝志怪の怪異の世界を離れ、現実的な人間の社会に根ざした小説が著されるようになってくる。陳玄祐(ちんげんゆう)の『離魂記(りこんき)』、沈既済(しんきせい)の『枕中記(ちんちゅうき)』『任氏伝(じんしでん)』、白行簡(はくこうかん)の『李娃伝(りあでん)』、陳鴻(ちんこう)の『長恨歌伝(ちょうごんかでん)』、元(げんしん)の『鶯鶯伝(おうおうでん)』などはその代表作である。伝奇は宋(そう)代以降にも引き継がれたが、唐の文人的に洗練された作風は廃れて、市民階層の勃興(ぼっこう)とともにしだいに盛んになってきた通俗小説や演劇など、白話体(話しことばのスタイル)で著される文芸作品が、志怪や伝奇のような文言(文語体)小説にとってかわって、文芸の中心と目されるようになる。そうした中国文学界内部の力関係の変化と相まって、通俗小説や戯曲のなかには、唐代伝奇に素材を得てそれを当世風に焼き直す作品が多くみられるようにもなってくる。そのような風潮のなかにあって、伝奇という呼称の使用範囲にも変化が現れ、中国南方におこり明(みん)代に盛んになる戯文(げぶん)とよばれる戯曲の別称ともなった。それに対して、唐代伝奇のような小説を伝奇小説とよんで区別することもある。小説の呼称としての伝奇は、非現実的な幻想的あるいは空想的内容をもつ点は西欧のロマンに似て、それよりも短編である。
 日本で伝奇の世界を描いた小説は、近世の読本(よみほん)である。曲亭馬琴(きょくていばきん)の『椿説弓張月(ちんせつゆみはりづき)』や『南総里見八犬伝』が代表作である。[高橋 稔]
『前野直彬訳『中国古典文学全集6 六朝・唐・宋小説集』(1959・平凡社) ▽前野直彬編・訳『六朝・唐・宋小説選』(1968・平凡社) ▽前野直彬編・訳『唐代伝奇集1・2』(平凡社・東洋文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

でん‐き【伝奇】
〘名〙
① めずらしいことや不思議なことを伝えること。また、怪奇・幻想に富んだ物語。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「実用のために出づ、好古伝奇の徒に異なり」
② 中国文学のジャンルの名。唐代におこった文語で書かれた短編小説。→伝奇小説②。
③ 中国で、明代の半ば以降に行なわれた戯曲。「琵琶記」が代表曲。はじめは元代の雑劇も「伝奇」と呼ばれたが、のちにそれと区別して言う。明曲。
※授業編(1783)三「唐話に熟せんと思へば多く伝奇(テンキ)小説をよむにあらざれば精しきに至り難し」
④ (③から転じて) 戯曲のこと。
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「劇場に演すべきものを伝奇(デンキ)といふ(ドラマ)」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伝奇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伝奇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.