Rakuten infoseek

辞書

会陰【えいん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

会陰
えいん
perineum
男性では陰嚢肛門の間,女性では裂下端と肛門の間の部分をいう。皮膚は色素に富み,内部に腹腔内の臓器を下から支える筋肉が存在する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

え‐いん〔ヱ‐〕【会陰】
外陰部と肛門(こうもん)との間の部分。蟻(あり)の門渡(とわた)り。
広義には、医学で、左右の大腿(だいたい)と臀部(でんぶ)に囲まれた部分(骨盤下口を覆う軟部)をいう。前方恥骨結合後方尾骨側方左右坐骨(ざこつ)結節に囲まれた菱形(ひしがた)の領域で、前方の三角部を尿生殖三角、後方の三角部を肛門三角という。会陰部

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えいん【会陰 perineum】
肛門と外陰部の間の狭い部分をいうが,広義にはその下にある会陰筋が含まれる。会陰筋は尿生殖隔膜骨盤隔膜にわけられる。尿生殖隔膜は前方にあり恥骨結合と恥骨弓の間にあり,先端を前にむけた三角形を呈し,尿生殖三角ともいう。ここにある会陰筋は尿生殖筋群とよばれ,坐骨海綿体筋,球海綿体筋浅会陰横筋の三つからなる。ここを男性では尿道,女性では尿道と腟が貫く。尿道を囲む部分が尿道括約筋である。 骨盤隔膜は会陰のうち後方の大部分で左右の坐骨の間をいい,男女とも肛門が貫く。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えいん【会陰】
外陰部と肛門こうもんとの間の部分。ありのとわたり。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

会陰
えいん
男性では陰嚢(いんのう)の後方の境から肛門(こうもん)までの間、女性では陰裂の後縁から肛門までの間をいう。男性の会陰は前後径5~6センチメートル、女性では2~3センチメートルである。この部分の皮膚の正中線には色素に富んだ会陰縫線(ほうせん)があり、男性では陰嚢縫線に続く。会陰部皮下には脂肪組織、平滑筋線維が多く存在し、その深部には横紋筋からなる会陰筋層がある。骨盤腔(こう)を上方からみると、骨盤下口を会陰筋が筋膜、腱膜(けんまく)とともにふさぎ、前方部は、男性では尿道、女性では尿道および腟(ちつ)が貫通し、後方部は直腸、肛門が通る。会陰筋のなかでは肛門挙筋、外肛門括約筋、尿道括約筋などが主要な筋である。こうした会陰筋層は、前述の尿道などの骨盤内臓をのせ、さらに支えとなるわけで、ちょうどハンモックのような役割をしている。会陰をドイツ語でDammというが、堤防、支えの意味から、内臓を支える意味に使われた解剖用語である。[嶋井和世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

え‐いん ヱ‥【会陰】
〘名〙 外陰部と肛門との間。男で五~六センチメートル、女ではその半分ぐらいの長さである。単孔類を除く哺乳類にみられる。ありの門渡(とわたり)。〔和漢三才図会(1712)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会陰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

会陰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.