Rakuten infoseek

辞書

会田 龍雄【アイダ タツオ】

20世紀日本人名事典

会田 龍雄
アイダ タツオ

明治〜昭和期の遺伝学者



生年
明治4年11月21日(1872年)

没年
昭和32(1957)年12月16日

出生地
京都府京都市

学歴〔年〕
東京帝大理科動物学科〔明治29年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本学士院賞〔昭和7年〕

経歴
明治31年五高教授となり36年まで在職。同僚に夏目漱石がいた。次いで三高講師、真言宗連合大学(のち種智院大学)教授を経て、大正6年〜昭和16年京都高等工芸(のち京都工芸繊維大学)教授。自宅でメダカを飼い、その体色と性別との関連を研究、大正10年白い体色がメスだけに見られる遺伝(限性遺伝)で、性染色体上にその遺伝子が存在することをつきとめた。主著に「新撰動物学」がある。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会田 龍雄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

会田 龍雄の関連情報

他サービスで検索

「会田 龍雄」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.