Rakuten infoseek

辞書

会津錦【あいづにしき】

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

あいづにしき【会津錦】
福島の日本酒。酒名は、創業当初「吉乃川」「羽賀泉」の銘柄を用いていたが、地元だけでなく広く親しんでもらいたいとの思いから命名。無ろ過生原酒「こでらんに」「さすけね」、無ろ過純米生貯蔵酒「なじょすんべ」がある。原料米はチヨニシキ、山田錦。仕込み水は蔵内の井戸。蔵元の「会津錦」は明治元年(1868)創業。所在地は喜多方市高郷町西羽賀。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会津錦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

会津錦の関連情報

他サービスで検索

「会津錦」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.