Rakuten infoseek

辞書

会所【かいしょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

会所
かいしょ
集会や事務の行われる場所。平安時代以後,貴人の邸の客殿をこう呼んだが,江戸時代には,幕府諸藩の行政,財政上の役所,町役人村役人事務所商取引,金融関係の事務所に,この名がつけられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かい‐しょ〔クワイ‐〕【会所】
人の集会する所。また、そのための建物や部屋。「碁会所
中世、公家・武家・寺社の住宅に設けられた施設の一。室町時代に発達し、歌会闘茶月見などのための会合に用いられた。
江戸時代、種々の目的をもって人の集会した所。株仲間組合事務所、町役人・村役人の事務所、両替所、取引所など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

会所
 浜子[はまこ]を含めた塩田で働く人たち全てを取りしきるためのものです。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいしょ【会所】
広義には諸種の会合,寄合のために設定された会場を意味しており,鎌倉時代から江戸時代末まで多くの用例が見られる。中世には和歌,詩文の文芸的寄合の会場を会所と呼んでいて,対代(たいだい),二棟廊などを臨時に鋪設(しつらい)して会所にあてた。また,北野天満宮では和歌奉納のための会合が催され,そのための会所が所在していた。また,中世後半の村,郷の自治的寄合会場に源をもつ町会所が,近世には京都や奈良の市中に多く設けられ,町内自治に活用されていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいしょ【会所】
出会う所。 「日本実に寒熱二海流の-に当る/日本風景論 重昂
集会する所。 「碁-」
中世、貴族の邸で、歌会や月見など多くの人々が集まるための客殿。
近世、商業上の取引をするために人々の集まった所。幕府の統制下におかれた。取引所。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

え‐しょ ヱ‥【会所】
〘名〙
① 仏語。会得したところ。事物をさとって、より所にできるもの。〔文明本節用集(室町中)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい‐しょ クヮイ‥【会所】
〘名〙
① 人の集会する所。また、そのための建物や室。会宿。
※米沢本沙石集(1283)八「酒宴の座席、詩歌の会所として無礼の事共多侍り」 〔春秋左伝‐成公一一年〕
公家武家寺社の住宅に設けられた施設の一つ。室町初期に特に発達し、歌会、闘茶、月見等の遊戯娯楽のための会合に用いられ、唐物、唐絵などを多数陳列する座敷飾りがなされた。
※無名抄(1211頃)「このころ人々の会につらなりてみれば、まづ会所のしつらひよりはじめて」
③ 江戸時代、種々の目的をもって人の集合する事務所をいう。
(イ) 株仲間商人などの組合事務所。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「『ロヤルエキテンチ』は、貿易品の市価を商定する、商法緊要の会所なれば」
(ロ) 米や金銀、繰綿などの取引所。
※浮世草子・椀久二世(1691)上「三枚肩をやめて歩行路に家質置て其銀会所(クヮイショ)よりすぐに道頓堀に沉ける」
(ハ) 諸藩の発行した藩札などの発行事務所。
(ニ) 諸藩が国産品の専売を行なう場合の専売機関。
(ホ) 江戸、大坂をはじめ都市の自治のための集会所。また、町役人の事務所。
※咄本・当世手打笑(1681)五「彼年寄殿、其晩に町の会所(クイショ)え五人組をよびあつめて」
(ヘ) 遊郭内の管理事務所。検番。
※人情本・春色辰巳園(1833‐35)初「その身になって見るときは、辛気心苦(しんきしんく)の会所(クヮイショ)にて、なかなかたやすきくらしにあらず」
(ト) 幕末開港時の諸藩貿易事務所。
④ 江戸時代、松前藩が蝦夷(えぞ)の地の諸漁場に、主として徴税のために設けた役所。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

会所の関連情報

他サービスで検索

「会所」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.