Rakuten infoseek

辞書

会戦【カイセン】

デジタル大辞泉

かい‐せん〔クワイ‐〕【会戦】
[名](スル)敵味方双方の多数の軍勢が出あって戦うこと。また、大規模な陸上戦。「両国が奉天に会戦する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいせん【会戦 battle】
部隊(通常,軍以上)相互の戦闘をいう。初期の旧日本陸軍の教書では,敵・味方両軍が戦場に相会遭(かいそう)して戦うことを会戦といい,別に主力相互の戦いを全戦(そうたたかい)と呼んでいた。1885年陸軍大学校の教官として招聘(しようへい)されたドイツの参謀将校K.W.J.メッケル少佐著の陸軍大学校教本《戦時帥兵術》(1886)では,〈“戦闘”とは一般に戦いの総称であるが,慣用上“戦闘Gefecht”と言えば,小部隊の戦いを意味し,大きい部隊の戦いを“会戦Schlacht”と言う。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいせん【会戦】
スル
大兵力による大きな戦闘。 奉天- 蘭兵に-する為め出発す/浮城物語 竜渓

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐せん クヮイ‥【会戦】
〘名〙 双方の軍が出会って、戦うこと。一定地域に大兵力を集結して行なう大規模かつ決定的な戦闘。
※日本外史(1827)一「関東将士悉従之、刻期会戦」
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「敵の大軍と平野に会戦するには」 〔孫子‐虚実〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会戦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

会戦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.