Rakuten infoseek

辞書

休憩【キュウケイ】

デジタル大辞泉

きゅう‐けい〔キウ‐〕【休憩】
[名](スル)仕事や運動などを一時やめて、休むこと。休息。「ゆっくり休憩をとる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゅうけい【休憩】

休憩時間付与および労働時間途中付与の原則
 休憩時間は,労働者が労働時間の途中に自由に休息することを権利として保障されている時間をいう。使用者は労働時間が6時間を超えるときは少なくとも45分,8時間を超えるときは少なくとも1時間の休憩時間を,労働時間の途中に,与えなければならない(労働基準法34条1項)。したがって,所定労働時間が8時間のときは使用者は45分の休憩時間を与えなければならず,8時間を超えて残業を命ずるときは,15分の休憩時間を追加して与えなければならない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きゅうけい【休憩】
スル
何かを行なっている途中で、少しの間休むこと。休息。 -所 五分間-する 類義の語に休息があるが、休息は仕事などをひとまず終えて短時間または長時間休む意を表す。それに対して休憩は仕事や運動などの途中で少しの間休む意を表す

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅう‐けい キウ‥【休憩】
〘名〙 仕事や運動などを小時間中止して緊張を解き、心身の疲れを直すこと。ひと休み。休息。いきつぎ。〔書言字考節用集(1717)〕
※土(1910)〈長塚節〉「彼等は少時(しばし)の休憩にも」 〔謝霊運‐還旧園作詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

休憩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

休憩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.