Rakuten infoseek

辞書

伏角【ふっかく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伏角
ふっかく
(1) magnetic dip; magnetic inclination 地磁気の3要素の一つ。地球磁場が水平となす角。 (2) dip; inclination 見おろす角。視線が水平線となす下向きの角。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふっ‐かく〔フク‐〕【伏角】
地磁気磁力の方向が水平面となす角。傾角
俯角

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふっかく【伏角】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふくかく【伏角】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふっかく【伏角】
地球上の任意の点の磁場が、水平面となす角。
俯角ふかく」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

伏角
ふっかく
inclination
地磁気の方向が水平面となす角度。水平から下向きを正、上向きを負にとる。水平面内の方向は偏角という。伏角が0度、つまり地磁気の方向が水平である場所を磁気赤道という。伏角は赤道付近で0度に近く、高緯度になるにしたがい北半球では正の大きな値に、南半球では負の大きな値になる。伏角がプラス90度、またはマイナス90度になるところは北磁極南磁極とよばれ、現在はそれぞれカナダのバフィン島の北および南極アデリー・ランドの北の海中にある。[河野 長]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふく‐かく【伏角】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふっ‐かく フク‥【伏角】
〘名〙 地磁気の全磁力の方向が水平面とつくる角度。重心でささえられた磁針が水平面とつくる角度。磁気赤道では零度、磁極では九〇度である。
※池(1924)〈寺田寅彦〉「池の周囲の磁力測量、尤も伏角だけではあるが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伏角」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伏角の関連情報

関連キーワード

DIPファイナンスMR検査チャプター11会社更生法収縮性心外膜炎セリン酵素傾斜押し(押し目)DIP ファイナンス〈腱損傷〉手指伸筋腱損傷

他サービスで検索

「伏角」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.