Rakuten infoseek

辞書

伊達騒動【だてそうどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伊達騒動
だてそうどう
江戸時代前期,仙台 (伊達) 藩に起った御家騒動万治3 (1660) 年藩主伊達綱宗が所行の紊乱を理由に幕府から隠居を命じられ,2歳の亀千代 (のち綱村) が家督相続した。伊達兵部宗勝が後見役となり,内の進歩派,原田甲斐と結んで実権掌握。それに対し不満をもっていた保守派の有力者,伊達安芸と伊達式部宗倫の所領争いが起り,安芸は藩内の実情を幕府に注進した。寛文 11 (71) 年大老酒井雅楽頭 (うたのかみ) 忠清の屋敷で裁決が行われたが,安芸は甲斐に殺害され,甲斐は酒井家の家臣に斬られ,宗勝は処罰されて伊達家は安泰となった。この事件は講談芝居に脚色され,一般に流布した。なかでも『伽羅 (めいぼく) 先代萩』は有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だて‐そうどう〔‐サウドウ〕【伊達騒動】
江戸初期、仙台藩伊達家に起こったお家騒動。万治3年(1660)藩主伊達綱宗は不行跡のかどで幕府から隠居を命ぜられ、幼少の綱村が家督を相続。その後見役伊達兵部宗勝が家老原田甲斐宗輔らと宗家横領を企てたとして、伊達安芸宗重が幕府に訴えた。寛文11年(1671)大老酒井忠清邸での評定の席で宗重は宗輔に斬られ、宗輔も殺害された。「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」など、歌舞伎浄瑠璃題材となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だてそうどう【伊達騒動】
歌舞伎狂言《伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)》や山本周五郎の小説《(もみ)ノ木は残った》等で有名な仙台藩の御家騒動。寛文事件ともいう。1660年(万治3)江戸の小石川堀普請に際する不行跡のとがめにより藩主伊達綱宗は隠居を命じられ,2歳の亀千代(綱村)が襲封した。叔父伊達兵部少輔宗勝,庶兄田村右京宗良がそれぞれ3万石を分知され後見となり,幕府国目付の毎年派遣の下に藩政が行われた。奉行奥山大学常辰が当初権勢をふるったが,兵部(宗勝)は63年(寛文3)これを罷免,幕府老中酒井忠清と姻戚関係を結び,奉行原田甲斐や側近出頭人を重用して一門以下の反対勢力を弾圧,斬罪切腹17名を含む120名余を処分した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だてそうどう【伊達騒動】
江戸前期に起きた、仙台藩伊達氏の御家騒動。幼藩主亀千代(綱村)の後見役伊達兵部宗勝・家老原田甲斐宗輔と、伊達安芸宗重らとの対立が激化、1671年大老酒井忠清の介入によって伊達安芸派が勝利し、兵部は土佐に流され、綱村は藩領を安堵された。奈河亀輔作「伽羅めいぼく先代萩」など、歌舞伎・浄瑠璃・講談に脚色された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

伊達騒動
だてそうどう
江戸時代、寛文(かんぶん)年間(1661~73)に起きた仙台藩の騒動。寛文事件ともいう。1660年(万治3)3代藩主伊達綱宗(つなむね)は不行跡のかどで幕府から逼塞(ひっそく)を命ぜられ、2歳の長男亀千代(かめちよ)(綱村)が家督相続、綱宗の叔父伊達兵部少輔宗勝(ひょうぶしょうゆうむねかつ)と綱宗の庶兄田村右京宗良(うきょうむねよし)が62万石のうちからそれぞれ3万石を給され後見人に指名された。初めは家老(奉行(ぶぎょう))が藩政を担当していたが、しだいに宗勝が実権を握り、反対勢力を多数処分した。その間、幼君亀千代に対する置毒事件が起こるなど藩内は動揺しだした。宗勝は腹心を登用し要職につけ、家老の権限を弱め専制体制をとった。だが、伝統と門閥を重んじる他の重臣はこれを嫌悪し、宗勝は孤立していった。こうしたなかで、一門伊達安芸宗重(あきむねしげ)(涌谷(わくや)2万石)と一門伊達式部宗倫(しきぶむねとも)(登米(とめ)1万7000石)との間に知行(ちぎょう)地の境界紛争が生じた。この紛争に対する藩の裁定を不公正とする伊達安芸はこれを幕府に訴え、宗勝の政治に対する積年の不満を晴らそうとした。幕府の審理は1671年(寛文11)2月開始された。ところが、3月27日大老酒井忠清(ただきよ)邸での審理が終わったころ、家老原田甲斐宗輔(かいむねすけ)が突然安芸に斬(き)り付け即死させ、甲斐もまた斬られその夜死亡した。兵部ら関係者は他家御預けなど処分を受け、甲斐一家も切腹を命ぜられ断絶した。綱村の伊達62万石は確認され後見も解除された。歌舞伎(かぶき)『伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)』に取り上げられるなど騒動の意義については諸説ある。[渡辺信夫]
『大槻文彦著『伊達騒動実録』(1909・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だて‐そうどう ‥サウドウ【伊達騒動】
江戸前期、仙台藩に起こったお家騒動。万治三年(一六六〇)藩主伊達綱宗が不行跡のかどで幕府から隠居を命ぜられ、二歳の亀千代丸(綱村)が藩主となったが、藩政の実権を握る伊達兵部宗勝(藩祖政宗の一〇男)は奉行原田甲斐宗輔らと組んで亀千代丸元服後も後見政治を続けた。寛文一〇年(一六七〇)伊達安芸宗重(涌谷二万石)が兵部らの非違を幕府に訴え、翌年大老酒井忠清邸における尋問の席上、安芸は甲斐に斬られ甲斐もその場で殺害され、兵部は土佐に流罪となった事件。浄瑠璃・歌舞伎「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」などの題材となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

伊達騒動
(通称)
だてそうどう
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
傾城睦玉川 など
初演
明和4.1(大坂・中村歌右衛門座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

伊達騒動
だてそうどう
江戸初期,仙台藩主伊達家におこった御家騒動
1660年藩主伊達綱宗は行いが悪く幕府から隠居を命じられ,2歳の亀千代(綱村)が跡を継ぎ,一族の伊達兵部宗勝(綱宗の叔父)・田村宗良が後見となり,奉行原田甲斐宗輔と結んで実権を握った。しかし保守派の伊達安芸宗重らは,所領問題を機会に兵部らの不法を幕府に訴え,'71年大老酒井忠清がこれを裁決し,兵部・甲斐らを処罰,幼少の綱村に所領を安堵して落着した。この騒動は『伽羅先代萩 (めいぼくせんだいはぎ) 』の名で歌舞伎などで上演された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊達騒動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊達騒動の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.