Rakuten infoseek

辞書

伊良部【いらぶ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伊良部
いらぶ
沖縄県西部,宮古島市北西部の旧町域。宮古島西方の伊良部島下地島からなり,2島は6本の橋で結ばれている。 1982年町制。 2005年平良市,城辺町,下地町,上野村と合体して宮古島市となる。主としてサトウキビが栽培され,製糖工場がある。伊良部島は大部分琉球石灰岩台地で,最高点は牧山の 89m。 40~60mの絶壁をなす北西海岸から,南東緩傾斜している。下地島の通り池は海食洞で観光地。 1979年にパイロット訓練飛行場が建設された。伊良部県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いらぶ【伊良部】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

伊良部
いらぶ
沖縄県宮古(みやこ)郡にあった旧町名(伊良部町(ちょう))。現在の宮古島市の西部を占める。旧伊良部町は1982年(昭和57)町制施行。2005年(平成17)城辺(ぐすくべ)町、下地(しもじ)町、上野(うえの)村、平良(ひらら)市と合併、宮古島市となった。旧伊良部町は宮古島の西方にある伊良部島と下地島(面積9.54平方キロメートル、2009年の住民登録人口33)からなり、2島は6本の橋で結ばれている。宮古島―伊良部間は船で15分。サトウキビ栽培を中心とした農業が盛んである。佐良浜(さらはま)は第二次世界大戦前から遠洋カツオ漁業の基地として有名。下地島空港があり、同空港は日本初のジェット機のパイロット訓練飛行場である。国指定名勝・天然記念物の通り池、県指定天然記念物の国仲御嶽(くになかうたき)の植物群落がある。サシバの飛来地として知られる。[堂前亮平]
『『伊良部村史』(1978・伊良部村)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊良部」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊良部の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.