Rakuten infoseek

辞書

伊勢崎銘仙

デジタル大辞泉プラス

伊勢崎銘仙
国指定伝統的工芸品の織物伊勢崎絣」の別称

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いせさきめいせん【伊勢崎銘仙】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いせさきめいせん【伊勢崎銘仙】
伊勢崎地方から産出する銘仙。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

伊勢崎銘仙
いせさきめいせん
群馬県伊勢崎市付近で織り出される銘仙。享保(きょうほう)年間(1716~36)以後、農家の副業として太織(ふとおり)とよぶ縞物(しまもの)があり、『万金産業袋(ばんきんすぎわいぶくろ)』では次絹(なみきぬ)の産地とされていた。文政(ぶんせい)年間(1818~30)に元機屋(もとはたや)ができ、農家へ賃機を出すようになってから発展。とくに絣柄(かすりがら)は世間の好みに合致し、他の産地もこれに倣うほどで、第二次世界大戦前の最盛期には、わが国最大の銘仙生産量を誇っていた。絣には併用絣、緯総(よこそう)絣、珍(ちん)絣などがあり、型紙捺染(なっせん)、板締めを併用して織り出され、意匠面にもくふうを凝らしたものが多い。戦後から現在にかけては、生活内容の変化から需要は減少、現在では日常着のウール着尺(きじゃく)、シルクウール着尺などに生産が移行しているが、絣技法はそのまま伝承されている。[角山幸洋]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いせざき‐めいせん【伊勢崎銘仙】
〘名〙 群馬県伊勢崎地方から産出する銘仙。伊勢崎太織りから発展したもので、太織りの地合を密にして織りあげたもの。明治以降の称。
※風俗画報‐一二二号(1896)流行門「第三伊勢崎銘仙(イセザキメイセン)、秩父縞等なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いせさき‐めいせん【×勢崎銘仙】
伊勢崎地方から産出する銘仙。絣(かすり)模様実用品が多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊勢崎銘仙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊勢崎銘仙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.