Rakuten infoseek

辞書

伊勢いも

デジタル大辞泉プラス

伊勢いも
三重県、奈良県などで生産されるヤマイモ。ゴツゴツとした形状で、色は白く、おろしても変色しない。粘り気が強く、アクが少ない。栄養価が高く「うなぎ」とも言われる。三重県多気郡多気町の津田地区原産で、栽培の歴史は300年以上とされる。当初は地名をとって「津田薯(つだいも)」と呼ばれた。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

伊勢いも[根菜・土物類]
いせいも
東海地方、三重県の地域ブランド。
主に多気郡多気町で生産されている。300年以上前から栽培されており、明治時代に伊勢いもと命名された。すりおろしたたあとも白色が変わらず、強い粘り気がある。10月から12月にかけて収穫される。みえ伝統野菜

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊勢いも」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊勢いもの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.