Rakuten infoseek

辞書

伊予灘【いよなだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伊予灘
いよなだ
瀬戸内海の西部,大分県国東半島,愛媛県佐田岬および愛媛県・山口県防予諸島に囲まれる海域。深さは 50~60mで海底部はほぼ平坦。イワシタイタコの好漁場である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いよ‐なだ【伊予灘】
瀬戸内海西部、佐田岬半島から屋代(やしろ)島にかけて広がる海域。北東安芸(あき)に、西は周防(すおう)灘に接する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いよなだ【伊予灘】
瀬戸内海の南西部,愛媛県の忽那(くつな)(防予)諸島から西方周防灘との間,北東は安芸灘と接し,愛媛,大分,山口3県にわたる海面。石鎚山脈西縁の山地が直線的に伸びて断層海岸をなす佐田岬半島北方に位置する。瀬戸内海では比較的深い海で,深さ50~60mの海底が広がり,南西方の豊予海峡では急に深くなって400mをこえる。暖流黒潮伊予灘の西半分まで影響するため,山口県の平郡(へいぐん)島,八(や)島の近海まで,ゴンドウクジラが子を生みにくるという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いよなだ【伊予灘】
瀬戸内海西部の海域。西は周防すおう灘、北東は防予諸島、南は佐田岬半島に区切られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

伊予灘
いよなだ
瀬戸内海七灘(なだ)の一つ。北は防予(ほうよ)諸島、南は佐田岬(さだみさき)半島、西は周防(すおう)灘によってくぎられる海域をさす。防予諸島の東部を占める忽那諸島(くつなしょとう)は岩礁が多く、海底地形が複雑で海深は50~80メートルである。この地域は瀬戸内海国立公園の西部の中心で、典型的な多島海の景観美をもっている。春から夏にかけては霧が発生し、船舶航行の妨げとなる。また海面付近の気温の差異が光の屈折を引き起こし、浮島現象(島が海面から浮いてみえる)がみられる。忽那諸島のほか、青島、大水無瀬(おおみなせ)島、小水無瀬島、由利島などがあり、水軍の活躍舞台となった。イワシの好漁場でもある。全体の海域はほぼ平坦(へいたん)で海深は50~60メートルである。[深石一夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いよ‐なだ【伊予灘】
愛媛県の西部に面する瀬戸内海の水域。豊予海峡を経て豊後水道につながり、姫島、祝島を結ぶ線により周防灘(すおうなだ)と区別される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊予灘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊予灘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.