Rakuten infoseek

辞書

伊予柑【イヨカン】

デジタル大辞泉

いよ‐かん【×伊予×柑】
ミカンの一種。ナツミカン系統で、山口県で発見されたが、明治中期から愛媛県で栽培。2、3月ごろ熟し、果肉多汁で、皮はむきやすい。いよみかん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

伊予柑
愛媛県で生産される柑橘類。大きさは250g程度、果皮は厚くオレンジ色で、果肉はジューシーで甘酸っぱい。1886年に山口県萩市の中村正路氏の園で発見された偶発実生を、1989年から愛媛県松山市三好保徳氏が苗木を購入して導入、愛媛県で栽培が拡大した。当初「伊予蜜柑」と呼ばれたが、1930年に「伊予柑」の名に統一。その後普及した「宮内伊予柑」と区別するため、「普通伊予柑」ともいう。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いよかん【伊予柑】
ミカンの一種。果実は大きく、赤橙せきとう色で甘みが強い。二、三月に熟する。1880年代に山口県で発見され、愛媛県に伝えられた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

伊予柑 (イヨカン)
学名:Citrus iyo
植物。ミカン科の常緑低木,園芸植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

伊予柑[果樹類]
いよかん
四国地方、愛媛県の地域ブランド。
主に松山市で生産されている。1886(明治19)年に山口県萩市で突然変異種として発見された穴門ミカンが、愛媛県で栽培が広まったことから伊予柑と呼ばれるようになった。重さは250g〜300g。果皮・果肉とも濃橙色をしており、ミカン類とオレンジ類双方の遺伝形質を持つ。愛媛県は全国生産量の約8割を占める。12月から1月にかけて収穫される。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いよ‐かん【伊予柑】
〘名〙 柑橘(かんきつ)類の一種。山口県下で古くから栽培されていたが、明治の中頃に愛媛県に移植され有名となった。果実は不正球形で約二五〇グラムあり、美しい帯赤濃橙色で光沢がある。肉質は柔らかく、甘味と酸味が適度で風味に富む。一二~一月に収穫され、三~四月まで販売される。いよみかん。あなとみかん。いよ。あなと。《季・春》

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊予柑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊予柑の関連情報

他サービスで検索

「伊予柑」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.