Rakuten infoseek

辞書

伊丹酒【イタミザケ】

デジタル大辞泉

いたみ‐ざけ【×丹酒】
伊丹地方で産する江戸時代から最上酒とされた。伊丹諸白(いたみもろはく)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いたみざけ【伊丹酒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いたみざけ【伊丹酒】
摂津せつつ(今の兵庫県)の伊丹で産した清酒。江戸時代を通じて最上酒とされた。伊丹諸白もろはく

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典

いたみざけ【伊丹酒】

兵庫県伊丹市周辺でつくられる日本酒江戸初期に摂津国鴻池村(現兵庫県伊丹市鴻池)の山中新六幸元がを用いて清澄する工夫を取り入れて諸白製法を確立し、上方から江戸にを送り出す「江戸積み」を清酒で初めて成功させたと伝えられる。伊丹酒はこれにより、江戸中期にかけて代表的な上級酒として名をはせた。◇「伊丹諸白」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いたみ‐ざけ【伊丹酒】
〘名〙 摂津国河辺郡伊丹(兵庫県伊丹市)で醸造する酒。すでに慶長年間(一五九六‐一六一五)には江戸に積み出され、丹醸の美酒として池田酒とともに賞味された。いたみもろはく。
※御伽草子・隠れ里(室町時代物語集所収)(江戸初)「ならもろはく、いたみさけ、あさぢしゃうちう、にんだうしゅ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊丹酒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊丹酒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.