Rakuten infoseek

辞書

伊丹万作【いたみまんさく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伊丹万作
いたみまんさく
[生]1900.1.2. 松山
[没]1946.9.21.
映画監督本名池内義豊。松山中学卒業。 1927年日活京都撮影所に入社,最初はシナリオを書いていたが翌年片岡千恵蔵プロに転じ,処女作『仇討流転』 (1928) を発表。以後『国士無双』 (32) ,『刺青奇偶 (いれずみちょうはん) 』 (33) ,『武道大鑑』 (34) ,『忠次売出す』 (35) ,『赤西蠣太』 (36) などの作品を生んだ。時代劇映画に現代的批判を盛込んだ風刺時代劇の新ジャンルを開拓し,知性的作家として高く評価された。 38年以後病床に伏し『無法松の一生』『手をつなぐ子等』などのシナリオを執筆,『伊丹万作全集』 (3巻,61) などの著作がある。長男俳優映画監督伊丹十三

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

伊丹万作
映画「無法松一生」の脚本志賀直哉原作を映画化した「赤西蠣(かき)」の監督で知られる。俳優、映画監督として活躍した伊丹十三(1933~97)の
(2015-11-12 朝日新聞 朝刊 三重全県・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

いたみ‐まんさく【伊丹万作】
[1900~1946]映画監督・脚本家。愛媛の生まれ。皮肉と諧謔(かいぎゃく)に富んだ作風で、時代劇に近代的感覚をもたらした。代表作は「国士無双」「赤西蠣太」など。脚本に「無法松の一生」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

伊丹万作 いたみ-まんさく
1900-1946 昭和時代の映画監督,脚本家。
明治33年1月2日生まれ。伊丹十三の父。昭和2年日活に入社。翌年片岡千恵蔵プロに転じ「仇討流転」で初監督。「国士無双」「忠次売出す」「赤西蠣太(かきた)」などを手がける。のち稲垣浩監督の「無法松の一生」などの脚本をかいた。昭和21年9月21日死去。47歳。愛媛県出身。松山中学卒。本名は池内義豊。
【格言など】病臥九年更に一夏を耐へんとす(辞世)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いたみまんさく【伊丹万作】
1900‐46(明治33‐昭和21)
映画監督。〈をつけた現代劇〉を提唱した稲垣浩とともに,サイレント末期からトーキー初期にかけて〈千恵蔵映画〉(片岡千恵蔵主演のコミカルな味わいをもった現代語セリフの時代劇)を世に送って〈時代劇〉に新生面を開いた。10年間に22本の映画を撮ったが,すべて自作のシナリオによる。〈日本のルネ・クレール〉などと呼ばれたその〈知性の映像〉,内面ペシミズムとうらはらの軽妙洒脱(しやだつ)な語り口は,彼の映画のプリントとして現存している3本のうちの1本(しかも前半のほぼ1巻分が欠けているといわれる)《赤西蠣太》(1936)と《伊丹万作全集》第3巻所収の〈映画シナリオ集〉にわずかに片鱗がうかがえるのみで,名作といわれる《国士無双》(1932)もトーキー第1作の《忠次売出す》(1935)も現存していない(《赤西蠣太》のほかに現存するのは,戦国時代の経済破壊工作を描く奇抜なアイディアの《気まぐれ冠者》(1935)と,ビクトル・ユゴーの《レ・ミゼラブル》(1862)を翻案した《巨人伝》(1938))。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いたみまんさく【伊丹万作】
1900~1946 映画監督。愛媛県生まれ。本名、池内義豊。機智に富んだ時代劇「国士無双」「赤西蠣太かきた」などのほか、「無法松の一生」の脚本や病床の映画随筆で知られる。長男は俳優・映画監督の伊丹十三。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

伊丹万作
いたみまんさく
(1900―1946)
シナリオ作家、映画監督。本名池内義豊。明治33年1月2日愛媛県松山市に生まれる。松山中学卒業。一時挿絵画家となったが、中学の同窓生伊藤大輔(だいすけ)の勧めで映画界に入る。1927年(昭和2)日活入社、翌年千恵蔵プロへ転じ、『仇討流転(あだうちるてん)』で監督となる。『国士無双』(1932)で時代劇に風刺的なファンタジーを導入、出世作となる。『武道大鑑』(1934)、『忠次売出す』『戦国奇譚(きたん) 気まぐれ冠者』(1935)、『赤西蠣太(あかにしかきた)』(1936)などでは、市民的な人道主義によって時代劇の武張った精神を諧謔(かいぎゃく)化した。こうした作風は1930年代においては知的で新鮮であり、時代劇革新の旗手とみなされた。1937年に日本・ドイツ合作映画『新しき土』を発表。翌年『巨人伝』監督後、闘病生活を余儀なくされる。以後『無法松の一生』や『手をつなぐ子等(ら)』のシナリオ執筆や映画論、社会批評など著述に専心した。昭和21年9月21日死去。映画監督であり、俳優の伊丹十三(じゅうぞう)はその長男である。[千葉伸夫]

資料 監督作品一覧

仇討流転(1928)
続万花地獄 第一篇(1928)
春風の彼方へ(1930)
源氏小僧出現(1930)
逃げ行く小伝次(1930)
御存知源氏小僧(1931)
金的力太郎(1931)
花火(1931)
国士無双(1932)
闇討渡世(1932)
研辰(とぎたつ)の討たれ(1932)
刺青(いれずみ)奇偶(1933)
渡鳥木曾土産(1934)
武道大鑑(1934)
忠臣蔵 刃傷篇・復讐(ふくしゅう)篇(1934)
忠次売出す(1935)
戦国奇譚 気まぐれ冠者(1935)
赤西蠣太(1936)
新しき土(1937)
故郷(1937)
権三(ごんざ)と助十(すけじゅう)(1937)
巨人伝(1938)
『『伊丹万作全集』全3巻(1961・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いたみ‐まんさく【伊丹万作】
映画監督・脚本家。本名池内義豊。愛媛県出身。映画監督として、時代劇に新風を吹き込む。代表作「赤西蠣太(かきた)」「国士無双」など。脚本に「無法松の一生」などがある。明治三三~昭和二一年(一九〇〇‐四六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊丹万作」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊丹万作の関連情報

関連キーワード

キング・クリムゾンマキノ雅広[各個指定]工芸技術部門新日本文学生活保護戦争放棄トルンカホログラフィック・アートマンキウィッツミネリ(Vincente Minnelli)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.