Rakuten infoseek

辞書

【ニン】

デジタル大辞泉

にん【任】
まかせられた役目。任務。「を解く」「に堪えない」
任務を行う期間。任期。「が満ちる」「を終える」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にん【任】[漢字項目]
[音]ニン(呉) ジン(漢) [訓]まかせる まかす
学習漢字]5年
引き受けた役目。「任務解任在任辞任就任責任退任大任担任着任適任赴任留任歴任
ある役目に当てる。「任官任期任命任免後任再任主任常任親任選任
自由にさせる。まかせる。「任意委任一任信任放任
気力をたのみにする。「任侠(にんきょう・じんきょう)
[名のり]たえ・たか・たかし・ただ・たね・たもつ・と・とう・ひで
[難読]任那(みまな)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まき【任】
まけ(任)」に同じ。
「大君の―のまにまに取り持ちて仕ふる国の」〈・四一一六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まけ【任】
《動詞「ま(任)く」の連用形から》任命すること。任命して差し遣わすこと。
「もののふの臣(おみ)の壮士(をとこ)は大君の―のまにまに聞くといふものそ」〈・三六九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

にん【任】
課せられた仕事。果たすべき役目。 -を全うする 彼はその-ではない
[句項目] 任重くして道遠し

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まき【任】
任命すること。 大君の-のまにまに/万葉集 4116まく

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まけ【任】
動詞の連用形から
任命すること。 大君の-のまにまに/万葉集 4098

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にん【任】
〘名〙
① 自分にまかせられた役目。また、みずから負った責任。
※続日本紀‐慶雲二年(705)四月丙寅「朕顧念之、任重事密、充員難満」
※太平記(14C後)三七「則ち大将の任(ニン)をぞ授けられける」 〔論語‐泰伯〕
② ある任務についている期間。任期。
※後撰(951‐953頃)雑三・一二四一・詞書「任はててのち」
③ 職務を行なうため、おもむく土地。任地。
※続日本紀‐天平神護元年(765)八月庚申「従五位下石川朝臣永年為隠岐員外介。到任数年自縊而死」 〔潘岳‐楊荊州誄〕
④ ある任務に適していること。
※読本・春雨物語(1808)海賊「塩梅(えんばい)の臣の任にあらず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にん・じる【任】
(サ変動詞「にんずる(任)」の上一段化したもの)
[1] 〘自ザ上一〙 =にんずる(任)(一)
※安吾巷談(1950)〈坂口安吾〉東京ジャングル探検「天下の彌次馬をもって任じる私が」
[2] 〘他ザ上一〙 =にんずる(任)(二)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にん‐・ず【任】
〘自他サ変〙 ⇒にんずる(任)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にん‐・ずる【任】
[1] 〘自サ変〙 にん・ず 〘自サ変〙
① 引き受けて自分の任務または、責任とする。官職につく。任じる。
※本朝文粋(1060頃)二・意見十二箇条〈三善清行〉「臣去寛平五年任備中介
※名語記(1275)三「任じつれば国中みな心のままに、管領するよし歟」
② 任務に自信を持つ。自任する。任じる。
※妾の半生涯(1904)〈福田英子〉一「有志家を以て任ずる人の」
[2] 〘他サ変〙 にん・ず 〘他サ変〙
① 官職につかせる。役につける。任じる。
※続日本紀‐天平一六年(744)「但比年以来、所任使人、訪察不精」
小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉五「備中ノ権ノ介に任ぜられ其国に徃きたるに」
② 担当させる。ひきうけさせる。まかせる。任じる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まか・す【任】
[1] 〘他サ下二〙 ⇒まかせる(任)
[2] 〘他サ五(四)〙 したいようにさせる。ゆだねる。委任する。
※虎明本狂言・武悪(室町末‐近世初)「『跡のめこどもの事たのむ』『それはまかさしめ』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まかせ【任】
〘語素〙 (動詞「まかせる(任)」の連用形の名詞化から) 名詞に付けて、そのものにまかせきりであることを表わす。「風まかせ」「力まかせ」など。
※古文真宝彦龍抄(1490頃)「何ごとも天下は呂不韋まかせで有た程に」
※俳諧・おらが春(1819)「ともかくもあなた任せのとしの暮」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まき【任】
〘名〙 (四段活用動詞「まく(任)」の連用形の名詞化) =まけ(任)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まけ【任】
〘名〙 (下二段動詞「まく(任)」の連用形の名詞化) 任務を命じること。任命して差し遣わすこと。まき。→まけ(任)のまにまに

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まっかせ【任】
〘感動〙 (「まかせ」の変化した語) まかせておけの意で、何かを請け合って発する掛け声。よしきた。心得た。
浮世草子・傾城色三味線(1701)京「かってから呼もせぬに、『まっかせ』といひ立にはいって後は出ず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

任の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.