Rakuten infoseek

辞書

任意出頭【にんいしゅっとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

任意出頭
にんいしゅっとう
捜査機関から呼出しを受けた被疑者が,みずからの自由な意思で出頭すること。検察官検察事務官または司法警察職員は,犯罪の捜査をするについて必要があるときは,被疑者に出頭を求めることができる。しかし,被疑者は逮捕または勾留されている場合を除いては,出頭を拒む自由があり,また呼出しに応じて任意出頭した場合でも,いつでも退去することができる (刑事訴訟法 198条1項) 。任意出頭は,実務上捜査のために,しばしば用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にんい‐しゅっとう【任意出頭】
刑事訴訟法上、身体の拘束を受けていない被疑者が、取り調べを受けるため自発的に捜査機関に出頭すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にんいしゅっとう【任意出頭】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にんいしゅっとう【任意出頭】
刑事訴訟法上、身柄を拘束されていない被疑者が、捜査機関の要求に応じて、取り調べを受けるため任意で捜査機関に出頭すること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

任意出頭
にんいしゅっとう
出頭を求められた被疑者が任意で出頭すること。検察官や検察事務官、それに司法警察職員は、犯罪の捜査を行うのに必要な場合には、被疑者に出頭を求めて取調べができることになっている(刑事訴訟法198条1項本文)。ただし、この出頭は、任意処分であり、出頭を拒否することができるし、いったん出頭した場合でも、何時でも退去することができる(同法198条1項但書)。もっとも、出頭の求めに応じなければ逮捕されることがある。[大出良知]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にんい‐しゅっとう【任意出頭】
〘名〙
① 刑事訴訟法上、逮捕されたりすることなく、被疑者が取調べを受けるために検察官・検察事務官または司法警察職員のもとに出頭すること。
※銀座八丁(1934)〈武田麟太郎〉「本庁へ任意出頭の形式で行ってくれ」
② 民事訴訟法上、簡易裁判所の手続きで、訴訟の当事者双方が、任意に裁判所に出頭して、口頭弁論をすること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

任意出頭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

任意出頭の関連情報

他サービスで検索

「任意出頭」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.