Rakuten infoseek

辞書

件/条【クダリ】

デジタル大辞泉

くだり【件/条】
《「下(くだ)り」と同語源》
文章における記述の一部分。章。条。段。「冒頭の―がよく書けている」
前に述べた事柄。くだん。
「上の―啓せさせけり」〈大和・一六八〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くだん【件】
《「くだり(件)」の音変化。ふつう「くだんの」の形で用いる》
前に述べたこと。例の。くだり。「の用件で話したい」
いつものこと。例のもの。
「―の売卜者(うらない)の行灯が」〈鏡花婦系図

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けん【件】
[名]事柄。特に、問題になる、ある特定の事柄。「例のは承知しました」
[接尾]助数詞。事柄・事件などを数えるのに用いる。「問題は三ある」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けん【件】[漢字項目]
[音]ケン(漢) [訓]くだり くだん
学習漢字]5年
事柄。「件数件名案件雑件事件条件物件与件用件要件
[名のり]かず・なか・わか

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

件(くだん)
日本の妖怪。半人半牛の姿で、生まれて数日の間に災害疫病予言をし、言い終えると死んでしまうとされる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

くだん【件】
〔「くだり(件)」の転。普通、「くだんの」の形で用いる〕
前に述べたこと。くだり。 「 -の用件で参上します」
いつものこと。例のこと。 「 -の大矢を打ちくはせ/保元
[句項目] 件の如し

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けん【件】
[1] ( 名 )
事柄。ある事に関する事項。 「おたずねの-」
( 接尾 )
助数詞。事柄の数を数えるのに用いる。 「今月の交通事故は一〇〇-を超えた」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くだん【件】
〘名〙 (「くだり(件)」の変化した語。ふつう、「くだんの」の形で連体詞的に用いる)
① 前に述べた事柄を、読者や聞き手がすでに承知しているものとして、さし示す語。「の」を伴った形で、前に述べた、さっきの、例の、の意に用いる。→件の如し
※今昔(1120頃か)一三「天皇、此の事を聞き給て、宣旨を下して、件(くだん)の僧を召す」
② その行動、状態などが人々によく知られているものとして、その事柄をさし示す語。「の」を伴った形で、例の、いつもの、あの、の意に用いる。
※吾妻鏡‐元暦二年(1185)一月六日「さやうの論をすべきやうなし。件のさまたげ止させ給ふべく候」
※仮名草子・伊曾保物語(1639頃)中「鶴、件のくちばしを伸べ、狼の口をあけさせ、骨をくはへて」
③ なにかさしさわりがあって、はっきりことばで表わすのを避けるときに用いる語。あれ。例のもの。
古今著聞集(1254)二〇「五六尺ばかりなるくちなは、いづくよりかきたりつらん、件のかしらにあやまたずくひつきにけり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けん【件】
[1] 〘名〙 問題としてとりあげられた、ある特定のことがら。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉虚業家尺牘数則「其折御相談の件本日当銀行重役に談じ候」
[2] 〘接尾〙 事柄を数えるのに用いる。〔俚言集覧(増補)(1899)〕〔汪元量‐湖州歌〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

件/条」の用語解説はコトバンクが提供しています。

件/条の関連情報

他サービスで検索

「件/条」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.