Rakuten infoseek

辞書

仲裁裁判

朝日新聞掲載「キーワード」

仲裁裁判
国連海洋法条約は、紛争の平和的な解決の手段として国際司法裁判所(オランダ・ハーグ)や国際海洋法裁判所(ドイツ・ハンブルク)、仲裁裁判所などへ提訴できると定めている。国際的な裁判を始めるには通常、当事国双方の合意が必要とされるが、仲裁は一方の申し立てだけで開始できる規定がある。フィリピンはこの規定を使って中国を提訴。審理は、常設仲裁裁判所(ハーグ)で行われ、裁判官はガーナ、オランダ、フランスなど第三国出身の5人が担った。  ■南シナ海をめぐる動き<1992年> 中国が周辺海域の権益を主張する領海法を制定。在フィリピン米軍が冷戦終結などを受けて撤退<95年> フィリピンが領有権を主張するミスチーフ礁を中国が占拠<2002年> 中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)が紛争防止のための行動宣言を採択<12年> スカボロー礁で中国とフィリピンの船がにらみ合い<13年> フィリピンが国連海洋法条約に基づき中国との仲裁を提起<14年5月> 中国が西沙で石油掘削を始め、南沙の埋め立てを本格化<15年10月> 米軍艦が南シナ海を通過する「航行の自由作戦」<16年1月> 南沙の人工島の滑走路で中国機が試験飛行
(2016-07-13 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ちゅうさい‐さいばん【仲裁裁判】
国際紛争を、紛争当事国の選任した第三者裁判官)の判断によって解決すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうさいさいばん【仲裁裁判】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちゅうさいさいばん【仲裁裁判】
国際法上、紛争当事国の合意に基づき設置される国際仲裁裁判所が行う裁判によって、紛争を平和的に解決する手続。国際仲裁裁判。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅうさい‐さいばん【仲裁裁判】
〘名〙 国際紛争を、紛争当事国の選任した第三者の判断で解決すること。第三者の判断が拘束力をもつ点で国際調停と異なる。
※国際紛争平和的処理条約(明治三三年)(1900)二〇条「外交上の手段に依りて処理すること能はざりし国際紛議を直に仲裁裁判に付する」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

仲裁裁判
ちゅうさいさいばん
国際仲裁裁判」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仲裁裁判」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仲裁裁判の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.