Rakuten infoseek

辞書

仲裁は時の氏神【ちゅうさいはときのうじがみ】

大辞林 第三版

ちゅうさいはときのうじがみ【仲裁は時の氏神】
けんかの仲裁は折よく現れた氏神のようなものだから、その調停に従うのがよいということ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅうさい【仲裁】 は 時(とき)の氏神(うじがみ)
けんか口論の際の仲裁は、氏神が現われたように好都合なものだから、その調停に従うのがよいということ。挨拶は時の氏神

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仲裁は時の氏神」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仲裁は時の氏神の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.