Rakuten infoseek

辞書

仲哀天皇【ちゅうあいてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

仲哀天皇
ちゅうあいてんのう
第14代に数えられる天皇。名はタラシナカツヒコノミコト。日本武尊皇子。母はフタジイリヒメノミコト。皇后はオキナガタラシヒメノミコトすなわち神功皇后によると熊襲を討つため,皇后とともに筑紫に行幸したとき,まず新羅を討つべしという神の託宣にそむいたため,神の怒りにふれて戦陣で没したという。この頃朝鮮半島との関係が深くなったことは事実で,その後百済の日本遣使,日本軍の高句麗との交戦なども伝えられている。陵墓仲哀天皇陵岡ミサンザイ古墳とも呼ばれる大阪府藤井寺市藤井寺の恵我長野西陵(えがのながののにしのみささ)で,2019年世界遺産の文化遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちゅうあい‐てんのう〔‐テンワウ〕【仲哀天皇】
記紀で、第14代の天皇。日本武尊(やまとたけるのみこと)の第2王子。名は足仲彦(たらしなかつひこ)。皇后は神功(じんぐう)皇后。熊襲(くまそ)征討のため筑紫に行幸し、そこで没したという。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

仲哀天皇 ちゅうあいてんのう
記・紀系譜による第14代天皇。
父は日本武尊(やまとたけるのみこと)。母は両道入姫命(ふたじのいりびめのみこと)。「日本書紀」によれば,神功(じんぐう)皇后と遠征中の九州で,皇后への神託をいぶかったため,熊襲(くまそ)も討てず,仲哀天皇9年2月6日筑紫(つくし)で病死したという。52歳。死はふせられ,穴門(あなと)(山口県)の豊浦(とゆらの)葬された。墓所は恵我長野西陵(えがのながぬのにしのみささぎ)(大阪府藤井寺市)。別名は足仲彦天皇(たらしなかつひこのすめらみこと)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

防府市歴史用語集

仲哀天皇
 『日本書紀[にほんしょき]』に出てくる14代天皇で、熊襲[くまそ]を攻めたのですが、先に新羅[しらぎ]を攻めるべきだという神のお告げを無視したため、陣地で亡くなったと書かれています。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうあいてんのう【仲哀天皇】
第14代に数えられる天皇。英雄日本武(やまとたける)尊の子。記紀によれば,西海の宝の国を授けるという神託を疑ったために急死したという。この後に皇后オキナガタラシヒメ(神功(じんぐう)皇后)が神意に従って懐妊したまま新羅を攻め服従させる。いわゆる新羅征討物語が続く。《古事記》では仲哀天皇の話はこれだけである。《日本書紀》には熊襲討伐の話もあるが,父の仕事の二番煎じの感がないでもない。皇統を伝えるためにのみ登場したようなのうすい天皇である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちゅうあいてんのう【仲哀天皇】
記紀の所伝で、第一四代天皇。足仲彦尊たらしなかつひこのみことの漢風諡号しごう。日本武尊やまとたけるのみことの第二王子。皇后は気長足姫おきながたらしひめ(神功じんぐう皇后)。熊襲くまそ征討におもむき筑前橿日宮かしひのみやで没したという。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

仲哀天皇
ちゅうあいてんのう
生没年不詳。記紀によれば第14代の天皇。4世紀の在位となるが明らかでない。足仲彦(たらしなかつひこ)天皇ともいう。日本武尊(やまとたけるのみこと)の第2子。母は両道入姫(ふだじのいりひめ)。気長足姫(おきながたらしひめ)(神功(じんぐう)皇后)を皇后とする。『日本書紀』によれば、筑紫(つくし)の橿日(かしひ)宮(福岡市香椎(かしい))で熊襲(くまそ)を討つことを協議したとき、皇后に神がかって、熊襲よりも新羅(しらぎ)を先に討つことを託宣した。天皇は託宣を信ぜず、熊襲を討ったが勝つことができなかった。そのうえ病気になり、52歳で没した。『古事記』では、神の怒りに触れて急死したという。河内(かわち)の長野陵(大阪府藤井寺市)に葬る。[志田諄一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅうあい‐てんのう ‥テンワウ【仲哀天皇】
記紀に伝える第一四代天皇。日本武尊の王子。名は帯中津日子尊(たらしなかつひこのみこと)。九州の熊襲がそむいたので、親征のため筑紫の橿日宮(かしいのみや)に下向し、ここで崩御した。皇后は気長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仲哀天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仲哀天皇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.