Rakuten infoseek

辞書

仮想通貨【カソウツウカ】

デジタル大辞泉

かそう‐つうか〔カサウツウクワ〕【仮想通貨】
紙幣や硬貨のような現物をもたず、電子データのみでやりとりされる通貨。主にインターネット上での取引に用いられ、特定の国家による価値の保証はない。不正防止のために高度な暗号化技術を用いているものは、暗号通貨ともいう。デジタル通貨バーチャルカレンシー。→ビットコイン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

仮想通貨
インターネット上の理論をもとに2009年以降、価値を持った電子データとしてネット送金や決済に使われている。「取引所」と呼ばれる会社に口座を開いて使うのが一般的で、法定通貨の円やドルと交換できる。中央銀行のような公的な管理者はない。送金や決済に関わる複数コンピューターでデータを管理する「ブロックチェーン」という仕組みで偽造を防ぐ。代表的な「ビットコイン」は昨年20倍も値上がりし、年末に1コイン=220万円超をつけた。世界で1千種類以上あるとされ、全体の時価総額は約59兆円に達する。
(2018-01-27 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

日本大百科全書(ニッポニカ)

仮想通貨
かそうつうか
virtual currencydigital currencycrypto-currency
特定の国家による価値の保証のない通貨。おもにインターネット上で「お金」のようにやりとりされ、専門取引所などで円、ドル、ユーロ、人民元などの法定通貨と交換することで入手でき、一部の商品やサービスの決済に利用できる。紙幣や硬貨のような目に見える形では存在せず、電子データとして存在し、不正防止のために暗号技術を用い、ネット上の複数コンピュータで記録を共有・相互監視するブロックチェーンで管理されている。このため仮想通貨は「デジタル通貨」「暗号通貨」とよばれることもある。代表格は、サトシ・ナカモトと称する人物の論文に基づくプログラムで管理される「ビットコインBitcoin」である。ほかにも決済に使いやすい「リップルRipple」、不動産や信託などに使われる「イーサリアムEthereum」、ビットコインに似た技術で管理される「ライトコインLitecoin」、仮想空間セカンドライフで使用される「リンデンドルLinden Dollar」など600種類を超える仮想通貨が存在する。仮想通貨の推定時価総額は2016年4月時点で約80億ドルである。
 仮想通貨は中央銀行や金融機関を経由せずにやりとりされるため、海外などへの送金や決済時の手数料が安くすむほか、送金・決済時間を大幅に短縮できる利点がある。利用者の信用によってのみ価値が保証されており、国や中央銀行の政策の影響を受けにくい。このため仮想通貨は金融危機時に資金の逃避先となるほか、投機などで通貨価値が大きく変動する性質がある。ネット上での国境を越えたやりとりが容易で、取引の匿名(とくめい)性も高い。一方、法律に基づく監視の目が届きにくいため、違法取引、脱税、資金洗浄(マネー・ロンダリング)に利用されやすく、テロ・麻薬資金の温床となるリスクが指摘されている。2014年にはビットコインの取引所を運営するマウントゴックス社が経営破綻(はたん)し、約400億円の損失が出た。このため日本で2016年(平成28)に成立した改正資金決済法では、仮想通貨の取引所・交換業者を登録制にし、取引所に口座を開くときは本人確認を求めることが義務化された。なお電子マネーを広義の仮想通貨に含める考え方もあるが、電子マネーは商品券のように発行会社が取扱いをやめても残高分は払い戻してもらえるのに対し、仮想通貨は利用者の信用のみに基づいているので、まったく価値がなくなるリスクもあるという点で異なる。[矢野 武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仮想通貨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仮想通貨の関連情報

他サービスで検索

「仮想通貨」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.