Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

仮名暦【カナゴヨミ】

デジタル大辞泉

かな‐ごよみ【仮名暦】
昔、仮名で書いた漢字で書いた「真名暦(まなごよみ)」に対して女子用の暦をいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かなごよみ【仮名暦】
漢字のみで書かれた具注暦に対して,主としてかなを用いている暦。平安時代の末期のころ発生したと推定されるが,現存する最古の仮名暦は1226年(嘉禄2)の暦である。初めは具注暦をそのままかな交りにしたような形式であったが,しだいに独自の発展をした。仮名暦の出現によって暦は一般庶民のものとなり,各地に暦師の勃興を促し広範囲に普及していった。仮名暦はふつうはひらがなであるがまれには片仮名暦もある。【内田 正男】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

仮名暦
かなごよみ

日本の暦書で仮名書きにしたものをいう。普通は平仮名で書かれるが、片仮名書きのものもある。漢字ばかりで書かれた具注暦(ぐちゅうれき)に対して平仮名書きのものを草暦(そうれき)ともいう。平安時代末期ごろから手書きの仮名暦が発生し、仮名の普及に伴って一般庶民の間に広まった。需要の増大とともに各地方に暦を版行する暦師が発生した。今日知られている地方版暦には、京都の大経師(だいきょうじ)・院経師(いんきょうじ)の京暦、奈良の陰陽師(おんみょうじ)の版になる南都暦、伊勢(いせ)丹生(にゅう)の丹生暦、泉州信太(しのだ)の泉州暦、伊勢山田の外宮(げくう)および宇治の内宮の暦師の版行する伊勢暦、伊豆三島の三島暦、江戸の暦問屋の江戸暦、会津若松の会津暦、鹿児島の薩摩(さつま)暦、幕末になると仙台暦、秋田暦など。これらは貞享(じょうきょう)改暦(1684)以後は公に認められた暦である。ほかに大宮暦(埼玉県大宮)、大坂暦など名称だけ残って実物の現存しない幻の暦もあった。

[渡辺敏夫]

『渡辺敏夫著『日本の暦』(1976・雄山閣出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かな‐ごよみ【仮名暦】
〘名〙 仮名で書いた暦。当初、漢字で書いた真名暦・具注暦に対して女子用のものとして発生したが、のち暦の主流を占め、版暦として流布した。通常は平仮名を主とし僅かに漢字を用いるが、まれに片仮名のものもある。
※宇治拾遺(1221頃)五「なま女房のありけるが、人に紙乞ひて、そこなりけるわかき僧に、仮名暦書きてたべといひければ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仮名暦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仮名暦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.