Rakuten infoseek

辞書

仮名文【カナブミ】

デジタル大辞泉

かな‐ぶみ【仮名文】
仮名で書いた文章や手紙。かなぶん。⇔真名文(まなぶみ)
「―見給ふるは、目の暇(いとま)いりて、念仏も懈怠(けだい)するやうに益(やく)なうてなむ」〈・若菜上〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かな‐ぶん【仮名文】
仮名で書いた文章。かなぶみ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かなぶん【仮名文】
仮名で書いた文章。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かな‐ぶみ【仮名文】
〘名〙 仮名で書いた文章、また、手紙。⇔真名文(まなぶみ)
※源氏(1001‐14頃)若菜上「かなふみ見給ふるは、目のいとまいりて、念仏もけだいするやうに、やくなうてなん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かな‐ぶん【仮名文】
〘名〙 仮名で書いた文章。かなぶみ。
※国文学史講話(1908)〈藤岡作太郎〉平安朝「和歌の格調を定めて一体を確立せる貫之はまた和文(仮名文)の上に一体を確立す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仮名文」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仮名文の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.