Rakuten infoseek

辞書

代議士【だいぎし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

代議士
だいぎし
衆議院議員の俗称。日本の帝国議会において,非公選貴族院議員に対し,国民から直接選ばれる公選の議員であることを意味して用いられた。現在でもその名残りとして衆議院議員だけが代議士と通称されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だいぎ‐し【代議士】
国民から選ばれ、国民を代表して国政を議する人。特に、衆議院議員をいうことが多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいぎし【代議士】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だいぎし【代議士】
直接選挙で選出され、国民を代表して国政を議する人。国会議員。一般には衆議院議員をさしていう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だいぎ‐し【代議士】
〘名〙 (representative の訳語) 国民の公選によって衆議院に出て、国民を代表して国政を議する人。参議院議員も国民の公選により国民を代表するが、旧制の貴族院議員に代わるものであるところから、特に衆議院議員だけをさして用いることが多い。
※立憲政体略(1868)〈加藤弘之〉上下同治「又下院は各国皆庶民の代議士を以て之に充つ」
[語誌]明治初期から使われていたが、当時は定まった呼称ではなく、「明六雑誌」では「代議者」「代議人」、また「草莽雑誌」では「代議員」と記されている。明治中期以後、「代議士」に統一された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

代議士
だいぎし

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

代議士」の用語解説はコトバンクが提供しています。

代議士の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.