Rakuten infoseek

辞書

仙崎湾【せんざきわん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

仙崎湾
せんざきわん
山口県北西部,日本海にある。湾の西端の仙崎水道には,南から仙崎の中心市街地を載せる砂嘴 (さし) が延び,青海島との間に青海大橋がかかる。湾岸沈水海岸水深約 30m。湾口に大島笹島など大小の島があり,湾奥は仙崎瀬戸で西の深川湾に続く。青海島を含めて一帯北長門海岸国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

仙崎湾
せんざきわん
山口県北西部、日本海沿岸の青海(おうみ)島と本陸の間にある海湾。東西7キロメートル、南北5キロメートルの水域で、水深30メートル前後、長門(ながと)市に面している。西岸は仙崎漁港のある尖角状の砂州で限られ、その北端の約100メートルの仙崎水道によって西側の深川(ふかわ)湾に通じる。湾岸には仙崎のほか青海島の通(かよい)や、野波瀬(のばせ)、小島など漁村が多い。湾内ではクルマエビやヒラメなどの栽培漁業が行われている。[三浦 肇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仙崎湾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仙崎湾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.