Rakuten infoseek

辞書

付帯【ツケオビ】

デジタル大辞泉

つけ‐おび【付(け)帯】
お太鼓の部分とを別々に仕立てた女帯。大正の末ごろ簡単に締められるように考案された。文化帯。軽装帯。結び帯。
武家婦人夏季礼服に用いた下げ帯

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ‐たい【付帯/附帯】
[名](スル)主となる物事に付け加えること。また、付け加わること。付随。「権利の行使に―する義務」「―事項」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つけおび【付帯】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

つけ‐おび【付帯】
〘名〙
室町時代から江戸時代にかけて夏季に婦女子が用いた、金襴などでつくられた三寸三分(約一〇センチメートル)幅の帯。当初は結び余りをたらして結んだが、江戸時代になるとトンボ羽根のように張らせて結んだ。提帯(さげおび)。《季・夏》
※諸大名出仕記(16C中か)「帯の事、つけ帯用事能候」
② うしろで結ぶ部分だけを、別に付けるように作った帯。歌舞伎女形が用いたが、現在では一般にも行なわれている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

付帯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

付帯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.