Rakuten infoseek

辞書

【タ】

デジタル大辞泉

た【他】
示されたもの以外のもの。ほか。「は推して知るべし」「チーム」
自分以外の人。ほかの人。他人。「の迷惑を顧みない」
ほかの場所。よそ。「住所をに移す」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

た【他】[漢字項目]
[音](呉)(漢) [訓]ほか あだし
学習漢字]3年
当面のものや自分以外の事柄。ほか。ほかの。「他国他日他社他人他方他力(たりき)自他諸他排他利他
あるべき心と違う。「他意他心
[名のり]おさ・ひと
[難読]他所(よそ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

た【他】
それ以外の物事。別のこと。ほか。 「 -に例がない」 「 -の問題にとりかかる」
自分以外の人。ほかの人。他人。 「自-ともに認める」 「 -の人」
ほかの所。別の所。よそ。 「 -に移る」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

た【他】
〘名〙
① 特定の事物や場合と別であること。また、その事物、場合。ほか。べつ。
※宇津保(970‐999頃)内侍督「其の日頃は〈略〉相撲の事をのみ、たの御心なく、日の近くなるままに、急ぎて日々に参り給ふ」 〔孟子‐梁恵王〕
② 特定の人以外の人。ほかの人。自分以外の人。また、自分の親族以外の人。血縁のない人。別人。他人。⇔自(じ)
※中院本平家(13C前)三「朝恩のたにことなるを忘れて、みだりがはしう君をなみし参らせさせ給はん事、神慮の程はかりがたし」 〔白居易‐酬思黯戯贈詩〕
③ 外の事を思いめぐらす心。その事にそむき裏切るような気持。あだしごころ。ふたごころ。二心(にしん)。〔詩経‐鄘風・柏舟〕
④ ほかのところ。また、ほかの家。よそ。他所。「居を他に移す」
※昼夜重宝記(1690)神祇「父死去の後、母他(タ)へ嫁(か)して死去の時は、定式(でうしき)の服忌」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

他の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.