Rakuten infoseek

辞書

他界【タカイ】

デジタル大辞泉

た‐かい【他界】
[名](スル)
自分が属さない世界。よその世界。
死後の世界。あの世。来世。また、夢や忘我状態のときに魂がさまよう所。
死ぬことを婉曲にいう語。「祖父は昨年暮れに他界しました」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たかい【他界】
他界という念あるいは表象は,人間がを不可避の宿命と自覚することに発生基盤をもっている。身体的な死が人間存在にとって究極の,それ自体としては解決不能の悲劇ととらえられるとき,他界,すなわちこの世界とは別の世界がどこかにあり,そこで死者が第二の生を生きるという観念をもつことは,死という問題を想像力の領域ないし文化の領域で解決することに等しい。他界観は,したがって,死後の運命についての観念つまり終末論の一部である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たかい【他界】
スル
死後の世界。また、死ぬこと。 父は去年-した
死者の世界。天・山中・地下・海の彼方など文化により多様。 -観

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

た‐かい【他界】
〘名〙
① 他の世界。自己が属していない、ほかの世界。
※三教指帰(797頃)下「転一音之鸞輪。摧群心之蜋械。抜掎大千。投擲他界
※太平記(14C後)一二「若此の龍王他界に移らば、池浅く水少なくして国荒れ世乏からん」 〔周書‐劉璠伝〕
② (━する) 仏語。死者の世界。また、その世界に行くこと。死ぬこと。死去。
※明月記‐治承四年(1180)一〇月八日「日来重病、今日他界云々」
③ 他の地方。他の境界。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

他界」の用語解説はコトバンクが提供しています。

他界の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.