Rakuten infoseek

辞書

他方【タホウ】

デジタル大辞泉

た‐ほう〔‐ハウ〕【他方】
ほかの方面。別の方向。また、二つのものの、もう一方。「一方は丸、他方は四角」
(副詞的に用いて)ほかの方面から見ると。一方。「他方、悪いこととは必ずしもいえない」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たほう【他方】
( 名 )
ほかの方面。ほかの面。(二つのうちの)もう一方。 「 -の言い分も聞く」
( 副 )
ある事柄を並べたあと、それとは異なるもう一つ別の事柄を述べる場合に用いる語。もう一方では。別の面から見ると。 「乱暴者だが、-やさしいところもある」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

た‐ほう ‥ハウ【他方】
〘名〙
① ほかの方向。他の方面。他面。〔文明本節用集(室町中)〕
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生の散歩「自分が一方に『遊び』暮し乍ら他方に於てもともと好きな『勉強』に」 〔杜甫‐贈崔融詩〕
往生要集(984‐985)大文二「若有別願、雖他方、是自在生滅非業報生滅
※栄花(1028‐92頃)鳥の舞「他方の諸仏の極楽に参り集り給へらむも」 〔経律異相‐七・琉璃王滅釈種〕
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二六「郷里を脱走して他方に遁逃(とんたう)せんと、決議する者の如し」 〔魏志‐文徳郭皇后伝〕
④ ある事柄について、今まで述べてきたのとはちがう、別の面から見て述べようとするときに用いる語。副詞的に用いる。一方。一面。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

他方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

他方の関連情報

他サービスで検索

「他方」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.