Rakuten infoseek

辞書

他人・佗人【たにん】

精選版 日本国語大辞典

た‐にん【他人・佗人】
〘名〙
① 自分自身以外の人。ほかの人。
※性霊集‐序(835頃)「唯備一菴遊目、誰称他人沽哉」
※江談抄(1111頃)五「文集中に他人の詩作入る事知らるるか」 〔詩経‐王風・葛藟〕
② 血縁のない人。親族でない人。また、身内でない者。
※平家(13C前)一二「土佐守宗実〈略〉左大臣経宗卿の養子にして、異姓他人になり」
③ その事柄や、その仲間に関係のない人。何の関係もない人。
※曾我物語(南北朝頃)七「た人なれば、見もし、ききもせらればこそ。わ殿は箱根に有し時、まひの上手と聞しなり」
※浮世草子・西鶴織留(1694)四「月をかさねてのわづらひになれば、いつとなく他人(タニン)のあらはれける」
⑤ 他国の人。外国人。
※雑俳・柳多留‐一五(1780)「頼光の弓の師匠は他人なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

他人・佗人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

他人・佗人の関連情報

他サービスで検索

「他人・佗人」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.