Rakuten infoseek

辞書

仏陀【ぶっだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

仏陀
ぶっだ
サンスクリット語 buddhaの音写で,にも陀にも本来はそれ自身の味はない。原義覚者すなわち悟れる者。インドでは,もとは諸宗教を通じて使われたが,釈尊ゴータマもみずから悟ったので仏陀といい,ゴータマの教えの最重要点が悟りであったこともあり,特に彼が仏陀の名を専有できたのであろう。したがって当初は教祖の人格を表わすものであった。入滅後は法としての精神が語り継がれ,彼の神格化が行われた。またのちには慈悲の面が特に強調された。日本では古来の神 (神道の) とインド伝来の仏陀との二元的共存が成り立った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶつだ【仏陀】
《〈梵〉Buddhaの音写。覚者・智者の意》釈迦牟尼(しゃかむに)の称。のちには、修行を積み正しい悟りを得た人の意にも用いられる。ぶっだ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶっだ【仏陀】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶっだ【仏陀】
〈悟った者〉を意味するサンスクリットブッダbuddhaの音訳。浮図(ふと),浮屠(ふと)と音訳されたこともあり,仏(ぶつ)とも略称される。意訳は覚者。〈悟る,目覚める〉の意の動詞ブッドbudhの過去分詞buddha(〈悟った〉)が普通名詞となったもの。したがって〈仏陀〉は古来から存する真理を悟った人の意であり,真理の創造者ではない。〈仏陀〉は多数存在することができ,ジャイナ教の開祖マハービーラもこの名で呼ばれたことがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ブッダ【仏陀】
〔目覚めた人の意〕
○ 釈迦の尊称。ぶつだ。
真理を悟った者。すべての煩悩を打ち消し、完全な真理を実現している者。覚者。仏。ぶつだ。 〔「仏陀」とも書く〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶつだ【仏陀】
ブッダ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

仏陀
ぶっだ
サンスクリット語のブッダBuddhaの音写。仏(ぶつ)、「ほとけ」ともいう。Buddhaはbudh(目覚める)を語源とし、「目覚めた人」「覚者」、すなわち「真理、本質、実相を悟った人」を表し、もとは普通名詞であり、仏教と同時代のジャイナ教でも用いた。ゴータマ・シッダールタはその一人で、のちゴータマ・ブッダとなり、それが仏教を創始した釈迦(しゃか)にほかならない。中国では浮図(ふと)などと音写し、それが日本に「ふと」として伝わり、これに「け」を加えて、やがて「ほとけ」となった。なお仏は仏陀の略ではなく、伝来の過程でBuddhaがBudとなったものと推定される。唐以降は仏陀の音写が広まる。[三枝充悳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仏陀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仏陀の関連情報

関連キーワード

浮屠縁覚覚者拘留孫仏アウカナ大仏縁覚

他サービスで検索

「仏陀」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.