Rakuten infoseek

辞書

【イマ】

デジタル大辞泉

いま【今】
[名](副詞的にも用いる)
過去と未来との境になる時。現在。ただいま。
㋐時間の流れをとらえた瞬間。この時。「はちょうど一〇時だ」「は手が離せない」「考えているところだ」
㋑近い過去から近い未来へ継続している現在の時。目下。「は学生です」「も変わらない友情」「桜は花盛りだ」
現代。現今。今の世。「は科学万能の時代だ」「の若者」「はやりのファッション」
ごく近い未来。もうすぐに。やがて。じきに。「終わるから待っていてくれ」「行きます」
ごく近い過去。少し前に。いましがた。さっき。「の人は誰かしら」「帰ったところだ」
さらに。そのうえ。もう。副詞的に用いる。「一度考えてみる」「しばらくの間」「ひとり参ります」
[接頭]主として人を表す名詞に付く。
現在の、当世の、という意を表す。「小町」「浦島」
新しい、という意を表す。「参り」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きん【今】[漢字項目]
こん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん【今】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん【今】
[連体]
現在の。いまの。「国会」「世紀」「シーズン」
本日の。きょうの。「夜半」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん【今】[漢字項目]
[音]コン(呉) キン(漢) [訓]いま
学習漢字]2年
〈コン〉
いま。現在。「今後今昔(こんじゃく)現今古今昨今当今方今
このたび。この。「今回今月今次今春今生(こんじょう)今般今夜
〈キン〉いま。現在。「今上今体古今
〈いま〉「今様只今(ただいま)
[難読]今際(いまわ)今宵(こよい)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ま【今】
[副]《「いま」の音変化》さらに。もう。なお。
「―一度見てから」〈虎明狂・抜殻

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むま【今】
いま」に同じ。
「篠塚(しのづか)の―や―やと待ちわびし君はむなしくなりぞしにける」〈大和・七〇〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いま【今】
[1] ( 名 )
話し手が話をしている時点。過去と未来の間。
過去と未来の境をなす瞬間。 「 -ちょうど九時だ」 「 -だ、それ行け」 「 -のうちに」
の瞬間に非常に近い時。近い過去、また近い未来。 「 -の話は本当か」 「 -行くからちょっと待ってね」
過去または未来に対比させてとらえた、の瞬間を含む時間帯。今日こんにち。このごろ。最近。現代。 「 -の若い者は何を考えているのか」 「 -はよいがあとで困る」 → 今に
[1] ( 副 )
すでにある状況や状態にさらに少し付け加えるさま。さらに。もう。 「 -しばらくお待ち下さい」 「 -一度確かめる」
( 接頭 )
名詞に付いて、最近の、新しい、今度の、の意を表す。 「 -出来」 「 -道心」
固有名詞に付いて、現代の、…の再来、の意を添える。 「 -浦島」 「 -小町」 「 -太閤」 「 -業平なりひら

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん【今】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん【今】
( 連体 )
この。いまの。 「 -学期」 「 -シーズン」
きょうの。 「 -早朝」 「 -夜半」
今回の。この。 「 -国会」 「 -総会」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔熊本県〕今(いま)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いま【今】
[1] 〘名〙
① 過去と未来との境になる時。現在。
(イ) ただいま。現在の瞬間。
※古事記(712)上・歌謡「伊麻(イマ)こそは 我鳥(わどり)にあらめ 後(のち)は 汝鳥(などり)にあらむを」
(ロ) 現在の時点に少し幅をもたせた時間。「今はむりだが、半年後ならひきうけよう」
(ハ) (「昔」に対して、(イ)を含んだある期間を表わす) 現代。今の時代。現今。今日(こんにち)
※古事記(712)中・歌謡「蓴(ぬなは)繰り 延へけく知らに 我が心しぞ いや愚(をこ)にして 伊麻(イマ)ぞ悔しき」
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「当時(そのかみ)の世界の景情(ありさま)をしり時勢を知り〈略〉現世(イマ)とことなる所以をしる」
② (「古いもの」に対して) 新しいこと。また、そのもの。
※万葉(8C後)一四・三三九九「信濃道は伊麻(イマ)の墾道(はりみち)刈株(かりばね)に足踏ましむな履(くつ)はけわが背」
※土左(935頃)承平六年二月一六日「ほとりに松もありき。〈略〉かたへはなくなりにけり。いま生ひたるぞまじれる」
③ (ごく近い過去に関して用い、互いに経験や知識で知っているものをさしていう)
(イ) (副詞的に用い) ちょっと前。いましがた。たったいま。
※平家(13C前)六「今さけぶものは何ものぞ。きっと見て参れ」
(ロ) (多く「いまの」の形で用い) いましがた。ただいま。さきほど。
※浮世草子・好色五人女(1686)四「新発意(しんぼち)は宵の事をわすれず、『今(イマ)の三色の物をたまはらずは、今夜のありさまつげん』といふ」
※源氏(1001‐14頃)賢木「春宮をば、いまのみこになしてなど、宣はせおきしかば」
[2] 〘副〙
① (ごく近い未来に関して) すぐに。今すぐに。直ちに。
※古事記(712)中・歌謡「島つ鳥 鵜飼(うかひ)が伴 伊麻(イマ)(す)けに来(こ)ね」
※源氏(1001‐14頃)若紫「いま、この花のをり過ぐさず、参り来む」
② さらに。その上に。あと。もう。
※万葉(8C後)八・一六二一「わが宿の萩花咲けり見に来ませ今二日許(だみ)あらば散りなむ」
※土左(935頃)承平六年二月一日「貝のいろは蘇芳(すはう)に、五色にいまひといろぞたらぬ」
[3] 〘接頭〙 (名詞の上につけて用いる)
① 「新しい」「こんどの」の意を表わす。「今参り」「今内裏」「今姫君」 〔小右記‐万寿四年(1027)九月六日〕
② (現代の人を、昔の著名人になぞらえていう) 「現代の」「今の世の」の意を表わす。「今牛若」
※太閤記(1625)四「般若院は事外なる剛の者、〈略〉今弁慶と戯しも宜ならずや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いんま【今】
〘名〙 「いま(今)」の変化した
※浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡(1712頃)中「お袋ぶって鼻高ふお家をありたいままにして、おくさまを踏みつけるは今(いンま)のこと今のこと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん【今】
〘名〙 いま。現在。また、今日。
※ブルジョア(1930)〈芹沢光治良〉三「今(コン)五日でイタリーの国民が救はれるか審判の日が来るんだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん【今】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ま【今】
(「いま(今)」の変化した語か)
[1] 〘名〙 =いま(今)(一)
※名語記(1275)二「まはなき歟、まはさて歟など、いへるま、如何。いまはといふべきいをいひけちて、まとばかりいへる也」
[2] 〘副〙 限定した数量を示す語を直接伴って、ある状況をさらにそれだけ続けよう、または、ある数量に、さらにそれだけ加えようとする気持を表わす語。さらに。いま。もう。まあ。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)七「ま四卦をなせにいわぬぞと云に」
[補注]「ますこし」「まそっと」「まちっと」のように、程度副詞に付いたものは一語の親見出しとした。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

今の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.