Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

今様【いまよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

今様
いまよう
(1) 平安時代中期から鎌倉時代にかけて流行した歌謡。「今様歌」の略。「今様」とは「当世風」の意味の一般語彙で,「今様歌」は,広くはその時代時代で新しい感じのする新興の歌謡全体をさすが,狭くはそのなかの特定の歌謡 (常の今様,ただの今様) をさす。その狭義の今様は,七五,八六など長短2つの音数律から成る句を4回繰返す四句形式をもつ法文歌,四句神歌などと同様な詩型。「今様歌」の語は『紫式部日記』に初見されるが,後朱雀天皇の頃から宮廷の公式の御遊に用いられるものとして盛行した。特に後白河法皇は愛好者で,御撰の『梁塵秘抄 (りょうじんひしょう) 』は今様の重要な資料である。『平家物語』など諸書にも散見し,郢曲 (えいきょく) として伝承されたものは,朗詠の譜に付載されている。本来,今様は遊女などの民間芸能者により専門的に歌われ,内容も下層階級の生活をうたったものがみられるが,宮中の節会などに儀礼的歌謡として歌われるようになってから,朗詠などとともに郢曲の一つとして伝承の家を生じ,流派ができた。江戸時代には,今様歌体の歌謡の文芸的創作が国学者たちによって行われ,明治の新体詩の成立に影響を及ぼした。 (2) 一方,平安中期頃から雅楽曲の唱歌に歌詞をあてはめて歌うことが行われ,特に『越天楽 (えてんらく) 』の唱歌につけたものが流行,「越天楽謡 (歌) 物」といわれ,特に講式や延年で用いられる寺院歌謡の一つとして発展したが,詩型が同様であるところから,これも今様の一つとして扱われる。筑紫箏や『黒田節』などの祖となったのは,この「越天楽今様」のほうである。そのほか,一弦琴や二弦琴の曲にも摂取され,特に慈円作詞『四季の景色』の歌が用いられることが多かった。 (3) 歌舞伎の蔭囃子 (下座 ) の曲名としては,王朝物に用いて王朝風の歌曲の感じを表わす下座唄をいう。楽 (がく) の合方 (あいかた) のなかで特別なものを「今様楽の合方」という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いま‐よう〔‐ヤウ〕【今様】
当世風。今風。「今様のやり方」「今様の建築様式」
今様歌」の略。
「古き都の荒れゆくを、―にこそうたはれけれ」〈平家・五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いまよう【今様】
日本音楽の一種目。平安中期までに成立し,鎌倉初期にかけて流行した歌謡。今様とは,一般的に現代風というほどの意味で,歌曲を指して特に今様歌という場合もある。この語が文献上に初めて現れるのは《紫式部日記》の寛弘5年(1008)8月ので,同時代の《枕草子》にも見えることから,一条天皇(在位986‐1011)時代にはすでに行われていたことが確認できる。さらに《吉野吉水院楽書(よしのきつすいいんがくしよ)》には〈今様ノ殊ニハヤルコトハ後朱雀院ノ御トキヨリナリ〉とあり,藤原資房の《春記》にも1040年(長久1)〈今様歌之戯有リ〉と記録され,この時期に貴族社会で流行し始めたとみられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

今様
いまよう

日本の中古および近世歌謡の種目名。普通名詞「今様」(当世風)を使って漠然と呼称していた「今様歌」を略して分類用語となった。この語の初出は『紫式部日記』の寛弘(かんこう)5年(1008)8月の項にある殿上人(てんじょうびと)たちの遊びの描写であることから、このころすでに相当に流行していて、起源としては10世紀後半にまで優にさかのぼれるとされている。諸文献の記述から推察して、初めは遊女(あそびめ)、遊芸人、傀儡(くぐつ)、巫女(みこ)が歌う卑俗な歌詞内容と、風変わりな旋律・リズムをもつという従来の歌曲にない魅力のために流行するようになったと思われる。やがて貴族階級の間でも今様合(あわせ)(歌合競技)などのなかで楽しまれるようになった。当時の今様の歌詞を集大成したものとして後白河(ごしらかわ)法皇(在位1158~92)による『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』およびその『口伝集』がある。不規則な詩型から徐々に七五調四句という新しい形式を中心とするようになる。なかでも「春の弥生(やよい)のあけぼのに」の詞(ことば)による『越天楽(えてんらく)今様』は、雅楽曲『越天楽』(平調(ひょうじょう))の旋律にのせて優雅に歌われる。越天楽の痕跡(こんせき)は寺院芸能としての延年(えんねん)や、語り物としての平曲に残され、さらにその延長線上に箏歌(ことうた)(箏曲(そうきょく))の勃興(ぼっこう)や民謡の伝播(でんぱ)(たとえば筑前(ちくぜん)今様から『黒田節』へ)がみられるので、日本の音楽史、歌謡史のなかで今様のもつ意義は大きい。

[山口 修]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いま‐よう ‥ヤウ【今様】
〘名〙
① 今の世。当世。また、今の世のはやり。当世風。今風。
※蜻蛉(974頃)中「あはれ、いまやうは、女も数珠ひきさげ、経ひきさげぬなしと聞きしとき」
② 現在の様子。現状。
※師郷記‐永享二年(1430)八月紙背(中原師孝書状)「此上者被延引、今様可申御沙汰候哉」
※中右記‐寛治八年(1094)正月三日「朗詠今様之後已及散楽
※浮世草子・武道伝来記(1687)五「時勢(イマヤウ)をうたひてよねんなく見え給ひぬ」
④ 当世風のはやり歌。流行歌。
※読本・昔話稲妻表紙(1806)四「長剣を撫して薬をうり、今様(イマヤウ)をうたひて銭を乞」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

今様
いまよう
平安末期に流行した歌謡の一種
七五調の4句を基本とする。白拍子・遊女らの間におこり,貴族の間でも愛誦され,後白河法皇により『梁塵秘抄』が編集された。形式化した和歌に対し,自由な形式で生き生きとした庶民感情を歌っている。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今様」の用語解説はコトバンクが提供しています。

今様の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.