Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

今文学【きんぶんがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

今文学
きんぶんがく
Jin-wen-xue
中国,おもに前時代に行われた経学で,戦国時代の古文 (篆文籀文) の経書に対し,漢代通行の文字 (隷書) の経書によったので今文学という。あとで現れる古文経とはテキストも違い,特にその説を異にする。経書は孔子が漢のために考えておいたものという見地をとって,現実政治への適用を企図しており,『春秋公羊伝』『伏生尚書』がその主力古文学 (『春秋左氏伝』,孔安国伝『尚書』が主力) は,今文学の学風を嫌って,事実の究明訓詁 (くんこ) を主とし,前漢末から後漢にかけて,今文と古文の争いがあったが,六朝後,古文学が圧倒した。清の後期には,今文学が復興して,民国革命への足がかりとなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きんぶん‐がく【今文学】
中国で、今文で書かれた経書を研究する学問前漢時代に官学として盛行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんぶんがく【今文学 Jīn wén xué】
今文経学ともいう。中国,経書研究の一学派。古文学に対する語。経書は,先時代にはもと儒家の学団の教科書として伝承されていたが,前漢の武帝が,他の百家をしりぞけて儒学国教とし,五経博士を設けて以来,国家的権威をもつものとなり,経学は官学の地位を得て,漢王朝の正当性に学問的根拠を与えるものとなった。当時の経書は,秦の始皇帝焚書(ふんしよ)を経て学者たちの暗誦によって伝えられ,漢代の初めになり,はじめて今文すなわち当時通行の隷書で竹帛(ちくはく)に書きつけられたものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きんぶん‐がく【今文学】
〘名〙 中国哲学において、「春秋公羊伝」など、今文の経書を重んずる学問。前漢に官学として主流を占めた。→今文

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今文学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

今文学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.