Rakuten infoseek

辞書

今川義元【いまがわよしもと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

今川義元
いまがわよしもと
[生]永正16(1519)
[没]永禄3(1560).5.19. 尾張,田楽狭間
戦国大名。駿河,遠江守護。室町幕府創業以来の功臣として,東海地方に重きをなした名門今川氏の嫡流氏親の第3子。母は大納言中御門宣胤の娘。初め出家して雪斎につき,富士郡善徳寺黙然和尚の弟子となる。天文5 (1536) 年長兄氏輝の死後,継嗣問題で争い,次兄僧恵深 (志太郡遍照光院住職) を敗死させ,還俗して家督を継いだ。従四位下,治部大輔,駿河守に進み,老臣雪斎 (太原崇孚) を重用して遠江,三河の制圧からさらに西方への進出に力を入れた。同 11年三河に侵入した尾張の織田信秀の軍を小豆坂に破り,同 18年には三河岡崎の松平氏を助け,安祥城を攻略して織田信広を捕虜とし,先に織田氏の人質となっていた松平竹千代 (のちの徳川家康) と交換して一時竹千代を岡崎に帰したが,翌年には今川氏の人質として駿府にとり,三河を勢力下においた尾張の織田方と交戦を続けた。同 22年,三河侵攻のすきに駿河を北条氏康に侵されたが,これには義元と姻戚関係にあった武田信玄があたった。次いで義元,信玄,氏康の3者は善徳寺に会盟して和睦し,互いに姻戚関係を結んだ。ここに義元は東方の憂いを除き,以後は尾張への進出をはかることになった。雪斎の死後,弘治2 (56) 年,義元は織田氏の策謀によって賢臣の日下部政直を殺害したのち,永禄3 (60) 年上洛を目指して大軍を率い尾張に進入し,沓掛,丸根,鷲津の諸砦を攻め落したが,5月桶狭間近くの田楽狭間織田信長に急襲され,軍勢混乱のなかで信長の臣服部小平太,毛利秀高に打取られた (→桶狭間の戦い ) 。その後今川氏は急速に衰えていった。法諡は天沢寺秀峰哲公。墓は静岡市の臨済寺にある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いまがわ‐よしもと〔いまがは‐〕【今川義元】
[1519~1560]戦国時代武将駿河遠江(とおとうみ)三河支配。京都へ進出の途中、桶狭間(おけはざま)で織田信長勢に急襲され敗死

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

今川義元 いまがわ-よしもと
1519-1560 戦国時代の武将。
永正(えいしょう)16年生まれ。今川氏親の子。母は寿桂尼。兄氏輝の死で駿河(するが)・遠江(とおとうみ)(静岡県)を領国とする家督をつぐ。太原崇孚(たいげん-そうふ)に補佐され,織田氏を攻め三河(愛知県)も支配,今川家の全盛時代をきずく。北条氏康,武田信玄と三国同盟をむすんで東方を安定させたのち,永禄(えいろく)3年西へむかい尾張(おわり)(愛知県)に侵入。織田信長の奇襲をうけ,桶狭間(おけはざま)で同年5月19日討ち死にした。42歳。
【格言など】第一なすべき文・武を,二つながら廃せり。今これを改めずんば,国覆り家滅せんこと必定なり(息子氏真にあたえた教訓)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いまがわよしもと【今川義元】
1519‐60(永正16‐永禄3)
戦国時代の武将。氏親の三男。治部大輔。初め出家して承芳と称し駿河善徳寺にいたが,1536年(天文5)兄氏輝の早世後,次兄恵探と家督を争いこれを倒し相続,太原崇孚(たいげんすうふ)(雪斎)を登用して駿河・遠江両国の経営に着手した。翌年武田氏と結び,北条氏と対立した。他方,織田氏が三河に進出すると松平氏の求めに応じ三河に出兵,48年,小豆坂に織田氏を破り,翌年安祥城を攻略して人質竹千代(徳川家康)を奪い返し,本格的に三河経営に着手した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いまがわよしもと【今川義元】
1519~1560 戦国時代の大名。駿河・遠江とおとうみ・三河を治め、京都進出を謀ったが、桶狭間おけはざまの戦いで織田信長の奇襲を受け、敗死した。 → 今川仮名目録

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

今川義元
いまがわよしもと
(1519―1560)
戦国大名。今川氏親(うじちか)の三男。母は中御門宣胤(なかみかどのぶたね)の女(むすめ)(寿桂尼(じゅけいに))。幼名は芳菊丸。最初駿河(するが)国富士郡今泉(静岡県富士市)の善徳寺の僧として梅岳承芳(ばいがくしょうほう)と称し、一時は京都建仁寺、妙心寺で修養を重ねた。1536年(天文5)4月に兄氏輝(うじてる)が早世すると異母兄の玄広恵探(げんこうえたん)(良真(りょうしん))と家督を争い(花倉(はなくら)の乱)、同年6月これを倒し今川家を継ぎ、還俗(げんぞく)して義元と名のった。翌年2月、武田信虎(のぶとら)の女をめとり同盟を結んだが、これを契機に、従来同盟関係にあった北条氏綱(うじつな)が駿河東部に侵攻したため、以後富士川以東の支配をめぐって戦い(河東一乱)、45年同地域の支配を回復する。一方、尾張(おわり)の織田信秀(おだのぶひで)の勢力拡大により三河松平氏が圧迫されると、これを援助し三河へ出兵、42年、48年の小豆坂(あずきざか)合戦(愛知県安城市)をはじめ、織田氏としばしば戦っている。この過程で東三河の吉田(豊橋)城を制圧、49年には松平氏の岡崎城を占領し、ついで織田氏の支城となっていた安祥(あんじょう)城を奪取し、その際の人質交換により織田氏のもとにいた松平竹千代(徳川家康)を駿府(すんぷ)に迎えた。天文(てんぶん)(1532~55)末期にはそれまでの駿河、遠江(とおとうみ)に加えて、ほぼ三河の領国化に成功し、領国の拡大とともに支配体制を着実に強化していった。検地の実施、家臣団・寺社統制、商工業・伝馬(てんま)政策、鉱山開発などはその例であり、53年制定の仮名目録追加第20条にみられる「只今(ただいま)はをしなべて自分の力量を以(もっ)て国の法度(はっと)を申付」という一節は、東海一の戦国大名としての自信を表している。また西進を目ざす義元は領国東部の政治的安定を意図し、54年には政略結婚による北条氏康(うじやす)、武田晴信(はるのぶ)(信玄(しんげん))との三者同盟を完成させ(甲相駿同盟)、さらに58年(永禄1)には駿遠支配を子息氏真(うじざね)に分掌させ、自らは三河支配と尾張領国化を策した。今川氏の発展はこうした一連の内政と外交の充実、連携に基因していたといえる。しかし60年5月、駿遠三の兵力を動員し尾張へ侵入した義元は、織田方の丸根(まるね)・鷲津砦(わしづとりで)を陥落させ、同月19日、本陣を桶狭間(おけはざま)(愛知県豊明(とよあけ)市)に移したところで織田信長の急襲を受け、壮烈な戦死を遂げた。法名天沢寺殿秀峰哲公大居士。
 なお近世史書類は、幕府の手前、神君家康を人質とした義元を戦国大名の器量として描いていないが、残された当時の史料による限り、義元はもっとも有能な戦国大名の一人だったといえる。[久保田昌希]
『小島広次著『今川義元』(1966・人物往来社) ▽小和田哲男著『駿河今川一族』(1983・新人物往来社) ▽今川氏研究会編『駿河の今川氏』1~6集(1975~82・静岡谷島屋)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いまがわ‐よしもと【今川義元】
戦国大名。氏親の子。軍役を整備し、政治・経済に意を用いて、駿河、遠江、三河に勢力を広げる。京都進出(一説には西三河平定)をはかって軍事行動を起こしたが、織田信長に奇襲され桶狭間(おけはざま)で敗死。永正一六~永祿三年(一五一九‐六〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今川義元」の用語解説はコトバンクが提供しています。

今川義元の関連情報

関連キーワード

マクシミリアン[1世]マクシミリアン1世マクシミリアンムルナーカトリーヌドメディシスマクシミリアンシャンボール城マクシミリアン1世メディチ家コムニダーデスの乱

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.