Rakuten infoseek

辞書

今井正【いまいただし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

今井正
いまいただし
[生]1912.1.8. 東京
[没]1991.11.22. 埼玉
映画監督。東京大学文学部中退後,1935年 JOスタジオ入社。のちに東宝専属となり,39年『沼津兵学校』でデビュー。第2次世界大戦前は『多甚古村』 (1940) ,『閣下』 (40) などを作り,中堅作家の地位を固めた。戦後民衆の敵』 (46) ,『青い山脈』 (49) ,『また逢う日まで』 (50) が注目されたが,50年新星映画に参加。独立プロによる『どっこい生きている』 (51) ,『山びこ学校』 (52) ,『にごりえ』 (53) ,『真昼の暗黒』 (56) で社会派監督としての地位を確立。その他未解放部落を正面から描いた『橋のない川』 (2部作,69~70) がある。遺作は『戦争と青春』 (91) 。ヒューマニズムを基調とした作風が特徴であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いまい‐ただし〔いまゐ‐〕【今井正】
[1912~1991]映画監督。一貫して社会的テーマを弱者の立場から描いた。作「また逢う日まで」「青い山脈」「ひめゆりの塔」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

今井正 いまい-ただし
1912-1991 昭和-平成時代の映画監督。
明治45年1月8日生まれ。昭和14年東宝の「沼津兵学校」で監督デビュー。戦後「青い山脈」「また逢う日まで」をヒットさせる。25年東宝を退社以後,独立プロを中心に「どっこい生きてる」「ひめゆりの塔」「ここに泉あり」「真昼の暗黒」「」などおおくの作品を監督,社会派として知られた。平成3年11月22日死去。79歳。東京出身。東京帝大中退。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いまいただし【今井正】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いまいただし【今井正】
1912~1991) 映画監督。東京生まれ。1950年代の独立プロ運動の代表的監督で、社会派リアリズムの作品を数多く撮った。「青い山脈」「ひめゆりの塔」「真昼の暗黒」「キクとイサム」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

今井正
いまいただし
(1912―1991)
映画監督。明治45年1月8日、東京生まれ。旧制水戸高校時代より学生左翼運動に打ち込み、1935年(昭和10)、東京帝国大学美学科を中退。同年、京都のJOスタジオに助監督として入社、同社が東宝に合併された後の1939年、『沼津兵学校』で監督デビュー。第二次世界大戦中は、朝鮮の抗日ゲリラの戦いを描いた『望楼の決死隊』(1943)など戦意高揚映画も撮る。戦後は、民主主義啓蒙(けいもう)路線に転向し、財閥の腐敗を糾弾する『民衆の敵』(1946)で高く評価され、石坂洋次郎原作の青春映画『青い山脈』(1949)が大ヒットした。続く『また逢(あ)う日まで』(1950)で高い評価を得る。1950年、東宝争議では組合側に加担したためレッド・パージ(左翼追放)の対象となったのを機に、退社しフリーとなる。1951年の『どっこい生きてる』以後、独立プロ運動の旗手として、精力的に作品を発表。沖縄戦の悲劇を描く『ひめゆりの塔』(1953)を東映で撮り、大ヒットとなる。『にごりえ』(1953)、『ここに泉あり』(1955)、『真昼の暗黒』(1956)、『米』(1957)、『キクとイサム』(1959)などを発表、多くの賞を獲得した。他に『山びこ学校』(1952)、『武士道残酷物語』(1963)、『橋のない川』2部作(1969~1970)などがある。遺作は『戦争と青春』(1991)。平成3年11月22日、死去。享年79歳。[坂尻昌平]

資料 監督作品一覧

沼津兵学校(1939)
われ等が教官(1939)
多甚古村(1940)
女の街(1940)
閣下(1940)
結婚の生態(1941)
望楼の決死隊(1943)
怒りの海(1944)
愛の誓ひ(1945)
民衆の敵(1946)
人生とんぼ返り(1946)
地下街二十四時間(1947)
青い山脈(1949)
続 青い山脈(1949)
女の顔(1949)
また逢う日まで(1950)
どっこい生きてる(1951)
山びこ学校(1952)
ひめゆりの塔(1953)
にごりえ(1953)
愛すればこそ~第二話「とびこんだ花嫁」[吉村公三郎、山本薩夫とのオムニバス](1955)
ここに泉あり(1955)
由紀子(1955)
真昼の暗黒(1956)
米(1957)
純愛物語(1957)
夜の鼓(1958)
キクとイサム(1959)
白い崖(1960)
あれが港の灯だ(1961)
喜劇 にっぽんのお婆あちゃん(1962)
武士道残酷物語(1963)
越後つついし親不知(1964)
仇討(1964)
砂糖菓子が壊れるとき(1967)
不信のとき(1968)
橋のない川 第一部(1969)
橋のない川 第二部(1970)
天皇の世紀~第4話「地熱」・第5話「大獄」(1971)
(えん)という女(1971)
あゝ声なき友(1972)
海軍特別年少兵(1972)
小林多喜二(1974)
あにいもうと(1976)
妖婆(1976)
子育てごっこ(1979)
ゆき(1981)
ひめゆりの塔(1982)
戦争と青春(1991)
『映画の本工房ありす編『今井正「全仕事」――スクリーンのある人生』(1990・ACT、東銀座出版社発売) ▽新日本出版社編集部編『今井正の映画人生』(1992・新日本出版社) ▽高部鉄也著『燃えつまみれつ――映画監督今井正物語』(2002・文芸社) ▽今井正監督を語り継ぐ会編『今井正映画読本』(2012・論創社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今井正」の用語解説はコトバンクが提供しています。

今井正の関連情報

関連キーワード

牧野省三スペースシャトル飛行記録ケビン コスナー[各個指定]芸能部門今江祥智[各個指定]工芸技術部門世界の国旗磯崎新トルクメニスタン道浦母都子

他サービスで検索

「今井正」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.