Rakuten infoseek

辞書

仁者【ジンシャ】

デジタル大辞泉

じん‐しゃ【仁者】
情け深い人。
儒教の説く仁徳を備えた人。仁人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じんしゃ【仁者】
情け深い心の人。仁人。
仁徳を身につけた人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じん‐しゃ【仁者】
〘名〙
① 仁の徳を備えている人。孔子、または儒教の説く「仁」を実践する人。また、仁の道に到達した人。仁人。
※凌雲集(814)九月九日待宴神泉苑各賦一物得秋山〈菅原清公〉「仁者楽之何所寄、国家襟帯在西東
※太平記(14C後)三〇「高倉殿は元来仁者の行を借て、世の譏(そしり)を憚る人也ければ」 〔易経‐繋辞〕
② 情け深い人。博愛の人。
※天草本伊曾保(1593)炭焼と洗濯人の事「Iinxa(ジンシャ)ヲ トモニ シヨウ ヒトワ、ワルイ モノニ トヲザカラズンバ」
※浄瑠璃・源平布引滝(1749)一「仁者(ヂンシャ)に刃向ふ釼(つるぎ)もなくすごすご立って行綱は」
③ (「仁」とともに漢訳仏典で対称の代名詞のように用いられる。ふつう「にん」「にんじゃ」と読む) 仏語。きみ。なんじ。→にんじゃ(仁者)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にん‐じゃ【仁者】
〘名〙 (「仁」とともに漢訳仏典で、対称の代名詞のように用いられる) 仏語。相手を呼ぶ語。きみ。なんじ。じんしゃ。にん。
※霊異記(810‐824)中「爰に吾問ひて曰はく仁者は誰人ぞといふ」 〔維摩経‐下〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仁者」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仁者の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.