Rakuten infoseek

辞書

仁科芳雄【にしなよしお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

仁科芳雄
にしなよしお
[生]1890.12.6. 岡山
[没]1951.1.10. 東京
原子物理学者。東京帝国大学工学部電気工学科卒業 (1918) ,理化学研究所へ入る。イギリス,ドイツ,デンマークに留学 (21~28) ,E.ラザフォード,N.ボーアの指導を受けた。 1928年コンプトン散乱断面積に関するクライン=仁科の式を導いた。理化学研究所主任研究員として理論物理学原子核および宇宙線実験研究のグループを育成,指導し,日本への理論物理学導入に大きな役割を果した。 37年小型サイクロトロン,44年大型サイクロトロンを完成。 46年理化学研究所所長,国産ペニシリンの製造に尽力した。 46年文化勲章受章。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にしな‐よしお〔‐よしを〕【仁科芳雄】
[1890~1951]物理学者。岡山の生まれ。長岡半太郎ラザフォードボーア師事理化学研究所の主任研究員から所長となり、量子力学原子核宇宙線の研究に業績をあげ、また、湯川秀樹朝永振一郎坂田昌一ら後進を指導した。昭和12年(1937)および昭和19年(1944)、日本最初のサイクロトロンを建設。文化勲章受章。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

仁科芳雄 にしな-よしお
1890-1951 大正-昭和時代の物理学者。
明治23年12月6日生まれ。理化学研究所にはいり,ヨーロッパに留学。量子物理学を研究し,昭和3年クライン-仁科の公式をみちびきだす。6年理研に仁科研究室を創設,宇宙線,原子核などの研究,研究者の育成につとめる。またサイクロトロンを建設した。21年理研所長となり,23年株式会社に改組された科学研究所の社長。21年文化勲章。昭和26年1月10日死去。60歳。岡山県出身。東京帝大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

にしなよしお【仁科芳雄】
1890‐1951(明治23‐昭和26)
原子物理学者。岡山県に生まれる。1918年東京帝国大学電気工学科を卒業,大学院に進学と同時に理化学研究所に入る。21年海外に派遣され,ケンブリッジのキャベンディシュ研究所,ゲッティンゲン大学に留学の後,23年コペンハーゲンに赴いてN.H.ボーアの門下に入った。そこでD.コスターとともに希土類とその前後の原子番号の諸元素のエネルギー準位をX線分光学的に測定,ボーアの原子構造理論の希土類の解釈を実験的に証明し,次いでG.ヘベシーのためにジルコニウム鉱石中のハフニウム定量などに役だつX線元素分析の方法を開発した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にしなよしお【仁科芳雄】
1890~1951 物理学者。岡山県生まれ。東大卒。渡欧してラザフォード・ボーアのもとで研究、コンプトン散乱に対するクライン仁科の公式を導いた。帰国後、理化学研究所に入り、原子核・宇宙線・素粒子論の分野で日本の物理学の発展に指導的な役割を果たす。1937年(昭和12)、44年に日本初のサイクロトロンを建設。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

仁科芳雄
にしなよしお
(1890―1951)
物理学者。日本の核物理学、理論物理学の開拓者として知られる。岡山県生まれ。東京帝国大学工学部電気工学科に学び、大学院では長岡半太郎の指導を受け、まもなく理化学研究所に入所、鯨井研究室に所属した。1921年(大正10)研究員となり、ついでケンブリッジ大学に留学、ラザフォードのもとで学んだ。その後、ゲッティンゲン大学でボルン、ヒルベルトらに接し、1923年にコペンハーゲンに移って以後5年間にわたり、ボーアのもとで量子物理学の研究に従事した。量子力学の形成期にあたる当時、その中心として活気あふれる研究状況にあったコペンハーゲンの雰囲気は、仁科に強い影響を与えたようである。この間、コスターDirk Coster(1889―1950)と共同でL吸収スペクトルと原子構造の関係を調べ、クラインOscar Klein(1894―1977)とともにX線散乱の計算を行って「クライン‐仁科の式」を得ている(1928)。
 1928年(昭和3)8年ぶりに帰国後、引き続き理研の長岡研究室にあったが、1931年の夏から最年少の主任研究員として仁科研究室を主宰することになり、ここに、原子核・宇宙線研究の日本における拠点として、この分野の本格的な研究者集団の活動が開始された。仁科研究室を中心とする以後の核物理学の発展は、しばしば栄光の時代として語られる。それは一つには理研の研究体制にも帰せられるが、もちろん仁科の研究組織者としての優れた指導力に負うところも大きい。当時としては斬新(ざんしん)な各種の核実験装置をいち早く整備するとともに、新鮮なテーマに対して実験を行い、たとえば、人工放射能の発見の年に、放射性リン(3015P)の放出する陽電子のエネルギースペクトルの測定を報告している(1934)。一方では朝永振一郎(ともながしんいちろう)らの理論的研究を推進させ、それとの緊密な連係を意図した。
 1933年ごろからは宇宙線研究に着手し、山頂や高層大気中、あるいは地下(清水(しみず)トンネル)や日食時の観測など一連の観測実験を行い、また宇宙線粒子については、1938年中間子(後のμ(ミュー)中間子)の飛跡の発見とその質量決定に成功した。また公表には至らなかったが重粒子の撮影もなされたという。他方、核実験の有力な武器である加速器の建設も行い、1937年23トンのサイクロトロンを完成、ついで200トンの大サイクロトロンを完成した(1944)。これらのサイクロトロンは第二次世界大戦の敗戦とともにアメリカ軍により破壊棄却され、同時に理研も解体された。その後再編成され、仁科はその所長となり(1946)、組織が株式会社理化学研究所に変更されてのちはその社長として活動し、ペニシリンの国産化などにも貢献した。1946年文化勲章を受け、1948年日本学士院会員になっている。[藤村 淳]
『朝永振一郎・玉木英彦編『仁科芳雄・伝記と回想』(1952・みすず書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にしな‐よしお【仁科芳雄】
物理学者。岡山県出身。日本の核物理学、理論物理学の開拓者。東京帝国大学工学部卒。昭和六年(一九三一)理化学研究所に仁科研究室を創設。原子核・宇宙線の研究を行ない、日本最初のサイクロトロンを作った。文化勲章受章。明治二三~昭和二六年(一八九〇‐一九五一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

仁科芳雄
にしなよしお
1890〜1951
大正・昭和期の物理学者
岡山県の生まれ。東大卒。東大大学院で長岡半太郎に学び,その後渡欧し,コペンハーゲン大学のボーア教授に学ぶ。理化学研究所員(のち所長)として仁科研究室を主宰。量子力学・原子核・宇宙線などの研究に従事し,これらの分野の開拓者となる。1946年文化勲章受章。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仁科芳雄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仁科芳雄の関連情報

関連キーワード

キモトリプシン岡山県の要覧平成の大合併劉邦高祖劉邦馬王堆漢墓マラソンレース白金劉 邦

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.