Rakuten infoseek

辞書

仁寿【ジンジュ】

デジタル大辞泉

じん‐じゅ【仁寿】
《「論語」雍也(ようや)の「仁者は寿(いのちなが)し」から》仁徳があってが長いこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にんじゅ【仁寿】
平安前期、文徳天皇の時の年号。851年4月28日~854年11月30日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じんじゅ【仁寿】
論語 雍也
仁徳があって長命なこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にんじゅ【仁寿】
年号(851.4.28~854.11.30)。嘉祥の後、斉衡の前。文徳天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

にんじゅ【仁寿】
日本の元号(年号)。平安時代の851年から854年まで、文徳(もんとく)天皇の代の元号。前元号は嘉祥(かしょう)。次元号は斉衡(さいこう)。851年(嘉祥4)4月28日改元。文徳天皇の即位と白亀・甘露の瑞祥が生じたことにより行われた(代始改元・祥瑞改元)。文徳天皇は、842年(承和(じょうわ)9)の承和の変後、廃位となった恒貞(つねさだ)親王に代わって、伯父の藤原良房(よしふさ)の推薦で皇太子になった。850年(嘉祥3)、仁明(にんみょう)天皇の崩御にともない即位した。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じん‐じゅ【仁寿】
〘名〙 (「論語‐雍也」の「知者楽、仁者寿」による語。仁徳のそなわった者は心静かな生活をおくっているから寿命の長いものが多いの意から) 仁徳があって生命が長いこと。
※日本後紀‐弘仁五年(814)八月壬申「勧九農以有仁寿之喜
※本朝文粋(1060頃)一一・観賜群臣菊花詩序〈紀長谷雄〉「率土承凱楽之風。生民荷仁寿之賜」 〔董仲舒‐賢良策〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にんじゅ【仁寿】
平安時代、文徳天皇の代の年号。嘉祥四年(八五一)四月二八日に改元、仁寿四年(八五四)一一月三〇日に斉衡(さいこう)と改められた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仁寿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仁寿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.