Rakuten infoseek

辞書

仁和寺【にんなじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

仁和寺
にんなじ
京都市右京区御室にある真言宗御室派の大本山。大内山と号する。光孝天皇勅願を継いで仁和4 (888) 年に宇多天皇建立,延喜4 (904) 年に移ったことから御室御所とも称する。門跡の制はこれから始り,代々法親王が入住した。応仁の乱で全焼したが,寛永 11 (1634) 年に徳川家光が皇居から殿舎を移して再興した。現在の本堂御影堂紫宸殿清涼殿で室町時代末期,仁王門五重塔は江戸時代初期の建築。金堂は桃山時代の建築で国宝指定されている。密教の寺宝が多く,空海の『三十帖冊子』 (国宝) は入唐中に経文を書写したもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にんな‐じ〔ニンワ‐〕【仁和寺】
京都市右京区にある真言宗御室(おむろ)派の総本山。山号は大内山。宇多天皇光孝天皇の志を継いで仁和4年(888)完成。譲位後、益信戒師として出家一宇を設け御座所として住んだので、御室御所と称した。のち、門跡寺院として代々法親王が入寺。金堂は寛永年間(1624~1644)に紫宸殿移築したもので国宝。平安時代作の本尊阿弥陀三尊像や「三十帖冊子」「医心方」をはじめ、多数の文化財所蔵。平成6年(1994)「古都京都の文化財」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。御室仁和寺門跡。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

仁和(にんな)寺
京都府京都市右京区にある寺院。真言宗御室派総本山。山号は大内山。本尊は阿弥陀三尊。金堂、木造薬師如来坐像(いずれも国宝)など、数多くの文化財を保有。境内にある遅咲きの桜の林は御室桜(おむろざくら)と呼ばれ、国の名勝に指定。「古都京都の文化財」の一部としてユネスコの世界文化遺産に登録。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にんなじ【仁和寺】
京都市右京区の双ヶ丘(ならびがおか)の北にある真言宗御室(おむろ)派の総本山。大内山と号し,仁和寺門跡,御室御所ともいう。886年(仁和2)光孝天皇が鎮護国家の道場として造営を発願,その志を宇多天皇が継いで888年に金堂落成,元号をとって仁和寺と号した。宇多天皇は譲位後の899年(昌泰2)出家して仁和寺第1世となり,904年(延喜4)寺内に室を設けて法務の在所としたことから御室の呼称がおこった。そののち当寺は代々法親王が法灯を継いで格式高い宮門跡寺院(門跡)として明治維新に至った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にんなじ【仁和寺】
京都市右京区御室おむろにある真言宗御室派の総本山。山号大内山。本尊は阿弥陀三尊。888年(仁和4)、宇多天皇のとき落成。天皇出家後、ここに住したので、門跡寺院の最初となる。現在の金堂は旧紫宸殿を江戸初期に移築したもので、国宝。御室桜で知られる桜の名所。御室御所。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

仁和寺
にんなじ
京都市右京区御室(おむろ)大内町にある真言(しんごん)宗御室派の総本山。大内山と号する。古くは「にわじ」とよび、御室御所(ごしょ)、また仁和寺門跡(もんぜき)と称した。本尊は阿弥陀(あみだ)三尊。光孝(こうこう)天皇の勅願により、886年(仁和2)起工されたが、完成をみず天皇は翌年死去。宇多(うだ)天皇が遺志を継いで888年に完成、真然(しんぜん)を導師として供養を営み、年号をとって仁和寺と号し、観賢が別当職についた。宇多天皇はのち東寺の益信(やくしん)について出家して法皇となり、当寺の南に一宇を創建して住したので、以来、御室御所といわれた。そののち代々皇族の法親王が住職となり、また寛朝、寛空、済信(さいしん)、寛助らの高僧も住して、真言宗の学問と修法の両面の発展に努めたが、1119年(元永2)諸堂焼失した。しかしその後も朝廷、貴族の信仰はいよいよ厚く、諸堂伽藍(がらん)の創建も相次ぎ、平安末期に覚性法親王が初めて総法務職に任ぜられ、このとき寺門大いに繁栄し、門跡寺院として諸宗各本山の最上位を占めた。鎌倉時代にもなおこの繁栄は続いたが、室町時代にはやや衰微した。ついで応仁(おうにん)の乱(1467~77)で堂宇が全焼し、久しく荒廃したが、江戸時代の初めに徳川家光(いえみつ)が20万両を下付し、また1637年(寛永14)皇居改造に際し、紫宸(ししん)殿、清涼殿、常御殿、唐門(からもん)、四脚門などが下賜され、堂塔30余、真光院など10余院が重建された。明治維新に至って皇統門跡が断絶し、1887年(明治20)諸堂が焼失したが、数年後には諸堂の一部を修営し、ついで1909年(明治42)再建の工を起こし、14年(大正3)重興された。
 現在、金堂(国宝)、御影(みえい)堂、仁王(におう)門、五重塔、観音(かんのん)堂、中門、鐘楼、茶室の飛濤(ひとう)亭、遼廓(りょうかく)亭(以上、国重要文化財)などがある。金堂は1642年移築の紫宸殿(江戸時代)で、阿弥陀・観音・勢至(せいし)の三尊像(平安前期、国宝)を安置し、御影堂は同年移築された清涼殿(江戸時代)を宝形(ほうぎょう)造にしたもので、弘法大師(こうぼうだいし)空海の坐像(ざぞう)を安置している。五重塔と仁王門は同年の建立。彫刻に阿弥陀三尊像(国宝)ほか、増長(ぞうちょう)天・多聞(たもん)天立像、吉祥天立像、愛染(あいぜん)明王坐像(以上平安後期、重文)などがあり、絵画に絹本着色孔雀明王(くじゃくみょうおう)像(南宋(なんそう)代、国宝)、同聖徳太子像(鎌倉時代、重文)など、また文書典籍に『三十帖冊子(さんじゅうじょうさっし)』(空海筆ほか数筆、平安初期)、『医心方』(平安後期)、『御室相承記』(鎌倉時代、いずれも国宝)など、多くの文化財を蔵している。寺域は広大で、山内に宇多天皇の御陵がある。またサクラの名所で、俗に御室の桜といわれる。1994年(平成6)、世界遺産の文化遺産として登録された(世界文化遺産。京都の文化財は清水寺など17社寺・城が一括登録されている)。[勝又俊教]
『清水善三著『仁和寺』(1967・中央公論美術出版) ▽『古寺巡礼 京都11 仁和寺』(1977・淡交社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

仁和寺
(京都府京都市右京区)
さくら名所100選」指定の観光名所

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にんな‐じ ニンワ‥【仁和寺】
京都市右京区御室大内にある真言宗御室派の総本山。山号は大内山。仁和二年(八八六)光孝天皇の勅願により着工、同四年完成。延喜四年(九〇四)宇多天皇が出家後入寺。以後御室御所と称し門跡寺となって明治維新まで歴代法親王が住持となる。度々の火災で焼失。現在の金堂(国宝)、御影堂は慶長年間(一五九六‐一六一五)に建てられた紫宸殿、清涼殿を内裏から移築したもの。本尊の木造阿彌陀如来三尊、絹本着色孔雀明王像、空海筆の三十帖冊子、医心方などの国宝を所蔵。境内は桜の名所として知られ、御室桜の名がある。にわじ。御室。仁和寺門跡。
古今(905‐914)秋下・二七九・詞書「仁和寺にきくの花めしける時に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

仁和寺
にんなじ
京都市右京区にある真言宗御室 (おむろ) 派の総本山
光孝天皇の勅願をついで,子の宇多天皇が888年に建立。のち宇多天皇は出家後同寺に入り「御室御所」と称し,以後代々法親王が入住した。堂塔のうち本堂・御影堂は紫宸殿・清涼殿の移築で,寛永年間(1624〜44)の建築である。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仁和寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仁和寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.