Rakuten infoseek

辞書

人間科学【ニンゲンカガク】

デジタル大辞泉

にんげん‐かがく〔‐クワガク〕【人間科学】
人間にかかわる諸事象を総合的に研究しようとする経験科学総称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にんげんかがく【人間科学 sciences de l’homme】
人間にかかわる諸事象を探求する諸科学の総称。人文科学とほぼ同義で用いられることもあるが,とくに1960年代以降,言語学人類学精神医学,精神分析,心理学,社会学をはじめ,脳神経生理学や動物行動学などを含む人間の諸活動の科学的探求が,旧来の人間理解を根底的に揺るがすほどに発達したのにともない,人文科学に代わってこの語が用いられるようになった。 人間的諸事象の探求は,もちろん古くから行われたが,西欧近世になって自然科学発展するとともに,とくに18世紀のイギリスやフランスで,自然科学の方法を人間的諸事象にも適用して探求することが試みられるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にんげんかがく【人間科学】
広く人間にかかわる諸事象を研究する学問の総称。言語学・精神医学・人類学などの急速な発展に伴って用いられるようになった語。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

人間科学
にんげんかがく
もともとフランス語のscience de l'hommeの訳語であったといわれるが、いまではヨーロッパ語での語源にこだわらない、日本語の単語として流通している。そうしてその意味も、使う人、場合によってさまざまである。たとえば大学で、伝統的な文学部とは少し肌合いの違う人文系の学部をつくるときに、これに「人間科学部」の名前を与えている場合がある。こういう学部には、哲学者も「哲学的人間学」の担当者ということで参加していることがある。これに対し、生物学、生態学のなかの人間に関する部分と、ロボット工学、人間工学とを組み合わせたようなものを中心として人間科学のイメージを描いている人もいる。また、精神分析学や文化人類学、民族学、言語学などを核としたうえで、文学にもかなり接近したものを「人間科学」とよぶ言い方がジャーナリズムではやったこともある。ギリシア語までさかのぼれば、人類学と同じ語源のことばということになろう。[吉田夏彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にんげん‐かがく ‥クヮガク【人間科学】
〘名〙 人間にかかわる諸事象を総合的に研究しようとする経験科学の総称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人間科学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

人間科学の関連情報

他サービスで検索

「人間科学」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.