Rakuten infoseek

辞書

人造絹糸【ジンゾウケンシ】

デジタル大辞泉

じんぞう‐けんし〔ジンザウ‐〕【人造絹糸】
天然の絹糸をまねてつくった化学繊維綿花木材パルプなどの繊維素薬品で溶かして加工したレーヨンアセテート長繊維をいう。人絹

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じんぞうけんし【人造絹糸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じんぞうけんし【人造絹糸】
人絹じんけん

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じんぞう‐けんし ジンザウ‥【人造絹糸】
〘名〙 (繭から産する絹糸に対し人工的に製造する模造絹糸の意で) レーヨンおよびアセテートの長繊維をいう。製造法により、再生繊維糸のビスコース人絹・銅アンモニア人絹、半合成繊維糸のアセテート人絹に分類される。人絹。人絹糸。じんぞうぎぬ。
※東京日日新聞‐明治二六年(1893)九月一三日「嘗てシャードンネル氏の発明せし人造絹糸」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

人造絹糸
じんぞうけんし
レーヨン」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人造絹糸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

人造絹糸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.