Rakuten infoseek

辞書

人見【ヒトミ】

デジタル大辞泉

ひと‐み【人見】
芝居の舞台などで、裏から客席が見えるように幕の縫い目などに作ったすきま。
他人の見る感じ。ひとめ。よそめ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひとみ【人見】
芝居の舞台で、幕の内から客席が見えるように幕などに設けたすき間。 幕の-より目をはなさず/浮世草子・五人女 1
他人の見る所。人目。よそめ。
「しとみ(蔀)」の訛なまり。 居宅は-をおろし/夜明け前 藤村

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひとみ【人見】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひと‐み【人見】
〘名〙
① 人を見ること。人を検分すること。「人見女」
② 他人の見方。よその人の見る目。ひとめ。よそめ。
※政談(1727頃)三「人見・人聞を構はぬ心に非れば」
③ 芝居の舞台で幕の縫目などに裏から客席が見えるように設けたすきま。
※浮世草子・好色五人女(1686)一「幕の人見より目をはなさず」
④ 町屋の前面にはめこむ横戸。蔀(しとみ)
※夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第二部「居宅は人見(ヒトミ)をおろし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひとみ【人見】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひと‐みえ【人見】
〘名〙 人に見えるところ。人まえ。見てくれ。ひとみ。
※源氏(1001‐14頃)藤裏葉「下の心ばへををしからず癖ありて、人みえ憎きところつき給へる人なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひと‐みせ【人見】
〘名〙 他人に見せつけるために、うわべのみえをはること。また、そのみえ。表面上の体裁。
※地蔵菩薩霊験記(16C後)八「人見世(ヒトミセ)の空本願に渡世を仕損じ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人見」の用語解説はコトバンクが提供しています。

人見の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.