Rakuten infoseek

辞書

人見一太郎【ひとみ いちたろう】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

人見一太郎 ひとみ-いちたろう
1865-1924 明治時代の評論家,実業家。
慶応元年11月11日生まれ。徳富蘇峰(そほう)の大江義塾にまなぶ。以後蘇峰をたすけ,民友社,国民新聞社で活躍する。日清戦争後退社,渡仏し,博覧会で日本を紹介。のち実業界に転じ,台湾などで事業をおこなった。大正13年9月29日死去。60歳。肥後(熊本県)出身。熊本師範卒。号は呑牛。評論に「第二之維新」,訳書にブライス「平民政治」など。
【格言など】立派な口実は人を欺くことが出来る,併し己れの良心を欺くことは出来ない(「明治の天下」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ひとみいちたろう【人見一太郎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

人見一太郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

人見一太郎の関連情報

関連キーワード

島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏山本嘉次郎フォーレアメリカ合衆国史(年表)ビダー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.