Rakuten infoseek

辞書

人海戦術【ジンカイセンジュツ】

デジタル大辞泉

じんかい‐せんじゅつ【人海戦術】
多くの兵員で、損害をかえりみず数の力で敵軍を押しきろうとする戦術。転じて、多人数物事に対処すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じんかいせんじゅつ【人海戦術】
損害は覚悟のうえで、大兵力を動員して、数の力で敵を圧倒する戦法。人海作戦。
機械力などを使わず、多数の人員を投入して事を行うこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

人海戦術
じんかいせんじゅつ
武器や地形における不利を、兵員の戦線への大量投入によって補う戦術。攻撃側は犠牲を顧みず何波にもわたる突撃隊を送り込んで、敵陣を制圧しようとする。日露戦争での旅順(りょじゅん)攻防戦で日本軍も採用したが、とくに抗日戦や朝鮮戦争において中国人民解放軍が使った戦術としてよく知られている。[山崎 馨]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じんかい‐せんじゅつ【人海戦術】
〘名〙 多くの兵力をくり出し、損害に構わず数の力で敵軍を押し切ろうとする戦法。転じて、多人数をくり出して物事に対処すること。人海作戦。
※日本拝見‐天理(1954)〈臼井吉見〉「この原始的な人海戦術にまじって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人海戦術」の用語解説はコトバンクが提供しています。

人海戦術の関連情報

他サービスで検索

「人海戦術」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.